2017年01月08日

[映画]『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』- 2DとMX4Dと。

B01M6XV6PLローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック
V.A.
WALT DISNEY RECORDS 2016-12-15

by G-Tools

2D字幕版とMX4D吹替版と、2回も観に行ってしましました。
ジェダイも特殊能力も魔法も出てきません!

「名も無き戦士達」が、それぞれに、それぞれの場所で、迷い、戦い、活躍し、どこかの誰かのためになり、そして散っていく。
その清々しさに、ホロホロホロと自然と頬を伝う涙が。
そういう群像劇ストーリーに痺れるねん。

408746086X水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)
北方 謙三
集英社 2006-10-18

by G-Tools


『水滸伝』を読み、毎日電車の中でカッコよさに痺れて涙してました。

話戻す。
STAR WARS。
今回はSTAR WARSの前知識無しでも、戦争映画?の一つとしてでも、楽しめるんじゃないかと思う。

もちろんSTAR WARS好きな人には嬉しいシーンがあちこちに散りばめてある。
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年、一番最初に制作されたやつ)、
のほんのちょっと前の出来事、がスピンオフとして描かれているので、
エピソード4へのつながりが明らかになる最後の10分間くらいだけでも見る価値あり。
痺れるよ。

エピソード4で、
なぜデス・スターがあんなに呆気なくやられてしまうのか。
デス・スターのすごい兵器はそんなに使ってないんじゃない!?
レイア姫がR2-D2に託したデス・スターの設計図はどうやって手に入れたものなのか。
それらが分かるように作られていて、もう映画を見終わってすぐにでも「エピソード4」を観たくなった。

B007W4DZDQベスト・オブ・スター・ウォーズ~ミュージック・アンソロジー~
ジョン・ウィリアムズ
SMJ 2012-07-17

by G-Tools

で、感動のあまり、サントラが欲しくなったんだけど、
考えてみたら、STAR WARSのサントラでまともなものを1枚も持ってなかった、と思い、
このおいしいとこ取りのCD。
「あ、これSTAR WARSで聞いたことある」って曲が全部入っている。

2016年11月のKula Shakerのライブでクリスピアンが「The Force Theme」のフレーズをギターで弾いていたのも気になって。
ワタシも二胡で弾きたい。



ウワサのMX4Dも気になっていたので、
2回目として観に行ってみた。

STAR WARSは、ディズニーランドのスターツアーズもあるし、どんなにか楽しいことだろう。
膨らむ夢。
3D立体メガネと、動く椅子と、風と水と光。

映画始まる直前に「MX4Dってこんなんですよ」のサンプルが流れるんだけど、
もうその時点で「もうわかった。いいわ。」ってなった。
出て行こうかと思ったけど、お金も払ってるし、ローグ・ワンのストーリーはもう一度見たいので、ぐっと我慢。

飛行機?や乗り物の揺れ、爆発による地響きなんかは良しとしよう。
だけど、ストームトルーパーとかが殴られる度にドコッと、腰やお尻が叩かれるのはなんだ?
ワタシは殴る側なのか?殴られる側なのか?

映画への集中力が途切れる。
観るものの視点や生理?を無視した演出。
誰へ感情移入して観ればいいのか。

あと、光ピカピカも不要。
武器から出る赤い光、緑の光に合わせて、色が変わって光るならまだ良しとしよう。
「まぁ、こんなもんでしょ」っていう大味の味付けで、
画面の横で単調に白い光がピカピカッと光るので、
これまた映画への集中力が途切れる。

ローグ・ワンについては、このあたりの演出を一切止めておいても寂しくないので、
考えなおしたほうが良いと思う。
リアルさの追求って難しいね。

観客は「傍観者」であって、特別誰かの体感を感じようというのでもないのかも、とも考えさせられた。
トルーパーが殴られたって、その向こうのAT-ATの足に注視してたりする。

人間は案外“想像力”で何でも行けてしまうのかもしれんよ、やっぱり。
シェイクスピアの時代から。


1回目は「名も無き戦士達の戦い」と感じ感動した。
2回目はなぜだか「哀しき中間管理職のパワハラ受難物語」に見えてきてしまった。

なんか、可哀想やん。帝国軍クレニック長官。(白いマントの人)

納期は急かされ、人材確保に自ら足を運び、
挙げ句その努力・功績が上司に持っていかれそうになって、
「えっ……」ってなったら、
「途中に情報漏洩の問題があるでしょ」って叱責され、
情報漏洩問題の対応までやらされる始末。

で、ダース・ベイダーにまで、グググとフォースで首を絞められて「ちゃんとやれ」って言われて……

く、苦しい……



↑また光るおもちゃを買ってしまった。


映画グッズで、ジンの付けてたカイバー・クリスタルを売っててもいいのになー。
仕方ないから、自分で作るわ。
ジェダイのみなさん、カイバー・クリスタル、ここにいっぱいありますよ。
ライトセーバー作れますよ。


関節も動いて、ポーズが取れるこれらが欲しくなってきた↓

S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ K-2SO 約175mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ K-2SO 約175mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ ストームトルーパー(ROGUE ONE) 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ ストームトルーパー(ROGUE ONE) 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

May the Force be with us.

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

[映画]『黄金のアデーレ 名画の帰還』- さわやかにおしゃれに。

B01BTIBSJI黄金のアデーレ 名画の帰還 [DVD]
ギャガ 2016-05-27

by G-Tools


ナチスものをテーマに扱った映画って、
どうしても人が死んだり、逃げ回って息苦しかったり、
重々しいだけで救いがなかったり、
なんだけど、
この映画はすがすがしくさわやかでおしゃれに観ることができる。
(あ、すがすがしいものの代表に『サウンド・オブ・ミュージック』があったのを今思い出した。)

もちろん、そこには動かぬ歴史の事実は横たわっているのだけれど、
あー、こういうこと(側面)もあるのか!とまた違う面から歴史を見た感じ。

クリムトの金ぴかのあの絵。
あの絵の返還を求めて、オーストリアを相手に訴訟する、という、
法廷モノとしても興味深い。
そんなジャンルの訴訟があるのも発見だった。
裁判中に「こんな訴訟(戦時中等における美術品の海外流失)をいちいち受けてたら、日本が言い出してきたらとんでもないことになる!」なんて突っぱねてるシーンもありました。
うん、日本人、あんなりそういうの言い出さないかも。
(海外で評価されないと、価値に気付かない、という致命的な弱点が……)

実話を基に、ということなので、
映画だけでは窺い知れない様々な事情や想いがあるんだろうけど、
途中から、日本人的に「ドラマ」としてしびれる展開を勝手に期待してしまった。

訴訟はする。所有権の返還はしてもらう。
でも、絵はオーストリアに置いておきます。
無償で貸してあげる。ちゃんと経緯の説明書きを付けてね。
時々はアメリカに特別料金(運搬経費そっち持ち)で凱旋公開させてね。

……なんて、背中向きで手を振って法廷を出て行ったら、
粋(イキ)だと思うんだけどなぁ。

ダメか。
そういうことじゃないか。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

[本]STAR WARSの英和辞典

WOWOWで繰り返し繰り返し「STAR WARS」シリーズを、
ストーリーの順番通りに、
流してくれたりするから、
もう、新作「ローグ・ワン」へのサブリミナル効果まっしぐら。

エピソード3(2005年制作)からエピソード4(1977年制作)へのつながりなんて、
感激もの。
映画制作の時代は28年も隔たりがあるのにねぇ。

繰り返し観ても、スルメイカのように、
味わい深く、新たな発見もあり、
特に字幕版で見ると、英語のセリフも耳に入ってくるようになってきた。

日本語吹替版はキンキンとうるさく感じる会話でも、
意外と本当の声は低い声で喋ってたりするので、
落ち着いて聞き取れる感じ。

シェイクスピア劇、とまでは言わないけど、
わりと、古風に喋っている印象。

へぇー、この短い単語を繋げて、こんなに粋(イキ)に言えてるのか!なんて発見も。


2015年の「フォースの覚醒」フィーバー?の時に、こんな英語辞書が出ているのを見つけた時はのけぞったよ。
ワタシが学生だったら買っていたかもしれない。

4053041325パーソナル英和・和英辞典 ダース・ヴェイダー版
学研辞典編集部
学研マーケティング 2014-07-22

by G-Tools


405304152Xパーソナル英和・和英辞典 ストームトルーパー版
学研辞典編集部
学研マーケティング 2014-07-22

by G-Tools


4053041430スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編
学研辞典編集部
学研マーケティング 2014-11-25

by G-Tools


4053042380スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ・ナイト編
学研辞典編集部
学研マーケティング 2015-09-01

by G-Tools


4053045142スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ・マスター編
学研辞典編集部
学研プラス 2016-09-06

by G-Tools


もちろん普通の辞書として使えます。
ちょっと面白いのは、STAR WARSの名セリフなんかも載っている点。

……と思っていたらほら、もうちゃんと、英語シナリオで学習しちゃおうの企画の本もあったわ。↓

4053044189英語シナリオで楽しむスター・ウォーズ [エピソード4/新たなる希望][エピソード5/帝国の逆襲][エピソード6/ジェダイの帰還]
久保卓哉
学研マーケティング 2015-10-20

by G-Tools


4046011874CD付 スター・ウォーズの英語 (エピソード5 帝国の逆襲)
安河内 哲也 安河内 哲也
KADOKAWA/中経出版 2015-09-15

by G-Tools
posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

[映画]『コインロッカーの女』- かっこよくて哀しい。

B01AVFLRXCコインロッカーの女 [DVD]
ハン・ジュニ
アルバトロス 2016-04-02

by G-Tools


カッコいい。
ざらっとした感触と、哀しみがじんわり残る感じ。
女の子が主人公なのも◯。

『ニキータ』みたいでいいやん。

B00B8IOUCWニキータ [Blu-ray]
角川書店 2013-04-19

by G-Tools



韓国ノワールに分類していいのかな?
暴力シーン、流血シーンもあるので、弱い方はご注意を。

元締めの女(母親)も存在感の凄み。
主人公の女の子のタバコの吸い方(火の付け方)の仕草までかっこよくてしびれる。


観た後で調べてみたら、これ、村上龍の『コインロッカー・ベイビーズ』が原案だかなんかなの?
「コインロッカーに捨てられていた赤ちゃんが……」くらいしか一致は感じなかったけど、
まぁコインロッカーと来ればってことかな。

4062764164新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)
村上 龍
講談社 2009-07-15

by G-Tools
posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

[ゲーム]モーレツに『XI(sai)』とか『I.Q.』とかがやりたい衝動!

あー、なんか、モーレツにゲームをやりたい衝動。
無心に『XI(sai)』とか『I.Q.』とかがやりたい。
脳の一定の機能を停止したまま、
ブワーッとゲーム用の脳だけ動かす感じ。

名作よね、『XI』。
B000069SQ4XI [sai]
ソニー・コンピュータエンタテインメント 1998-06-18

by G-Tools



シリーズを通してはこの『XI JAMBO』が一番良くできているのかも。
AQUIちゃんのお部屋があったり、AQUIちゃんの色それぞれでゲーム上の特徴が違ったり、
敵キャラもセリフ?が謎めいていてツボ。

サイコロを投げられるので、偶然要素もある。
もうアカンーって時に。
B00006LJP9XI[sai]JUMBO
ソニー・コンピュータエンタテインメント 1999-12-22

by G-Tools


シリーズ最後の『XIゴ』は、
爆発するのはたしかに爽快感がある。
手元のコントローラーがブルブルする。

でも、もうちょっとだけ、頭を使ったサイコロ感が欲しくなって、「やっぱり一作目がいいな」となる。

JAMBOに出てきたマッチョス先生が最初のレクチャーをしてくれる。
B000070G2DXIゴ(サイゴ)
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2002-12-19

by G-Tools



『I.Q.』の世界観も大好き。
ゲームは難しくてクリアできないけど。
B000069SPVI.Q インテリジェントキューブ
ソニー・コンピュータエンタテインメント 1997-01-31

by G-Tools



B000069SQ8I.Q FINAL
ソニー・コンピュータエンタテインメント 1998-12-23

by G-Tools


B00005OVNLI.Q REMIX+
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2000-03-23

by G-Tools



これはミニファミコンを買わなかった反動かな。
『バルーンファイト』がやりたい。
B01M1VMFUAニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
任天堂 2016-11-10

by G-Tools


4197104782ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine (Town Mook)
ニンテンドードリーム編集部
徳間書店 2016-11-14

by G-Tools

↑この表紙だけでもキュンキュンするー。


ゲーム機はあるので、ちょこっと環境を整えたらすぐできる状態なんだけど、
それがもう面倒くさい。

PCはあるのにそこまで行くのが面倒だからタブレット欲しいなーみたいな。
持ってないけど。

そんなこんなを嘆いていたら、
職場の後輩から「今だったらそのあたりのタイトルはダウンロードできるのでは?」と。
だだだだうんろーど???
ゲームはカセットの時代の人間にはさっぱり。

ちょっと調べてみたら、PS Vitaが無性に欲しくなった。
でも、ちょこっとやるにはどれとどれを買えばいいのー?状態。
なんか3G版やらWifi版やら分からないいろいろバージョンや付属品があるんですけど。

アカン…
ちょっと面倒くさい、だけの動機で、大回りして2万円コースや。

ROM盤があるんだし、出してくれば0円でできるのは明らか。
あー、ちょっとだけ頑張って出してくるか。



posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

[バスツアー]Ingressのバス。


だだーん。

ゲームINGRESSとコラボしているバス。
とりあえず乗っておかねば、と。


「高レベルXMへの反応試験」の実験用の車体ということらしい。
SFちっくな世界観を演出するために、
乗務員も白衣を着ている。







窓が無い。


この画面に映像が流れて、クイズなどのイベントがある。









カフェとコラボのINGRESSカレー。
こんなにも食欲をそぐ食べ物写真も無かろうて。


緑色のライス。

変わっているのは色だけで、
香りも味も、まさしくカレー。
美味しくいただきました。


緑色に光るカクテルまで。

XMを浴びちゃうとこんなことばっかり行動力が上がってしまったよ。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

[LIVE]KULA SHAKER Japan Tour 2016 (『K』再現ライヴ+α)に行ってきました。



catch the sun〜!!!

これ、直前まで知らなかったんですけど、
『K』再現ライブだったんですね!
『K』から20年ということで。



↑開場してほどなくの開演前。

もうオールスタンディングの揉みくちゃもしんどいかと、
2階席の最前列で!
遮るものは何もない。

もう「最高」以外に言葉はない!

クリスピアンだっておじさんになっているはずなのに、
シュッとしたままやん。
緑がかった細身のスーツに身を包み、
サラサラのブロンドヘアー。
華麗なるギタープレイ、
王子健在!

ものすごいグルーブ感。
もうこのグルーブの波に溶け込んでどこかに行ってしまいたい……。

どうやったらこんなグルーブ感が出るんやろう。

『K』再現、とだけあって、
アルバム『K』の曲が勢ぞろい。

しかし、
1曲目はなんとThe Beatlesの「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」のカバー。
「♪Kula Shaker's〜」の替え歌にしてスタート。

「HEY DUDE」も「GOKULA」も「HUSH」も「Under the hummer」も「Great Hosannah」も一度に聴けるなんてもうおしっこチビリそうでやばかったです。
もうちびっていたかもしれません!
いや、もうちびってもいい!

ラストの「Govinda」は大合唱に。
わーなんか自然と歌ってるわ、ワタシ、みたいな。
♪govinda jaya jaya〜てなんか手をヒラヒラさせて自然と振り付けできてる、不思議。


B005CS6H16K~15周年記念エディション
クーラ・シェイカー
SMJ 2011-10-18

by G-Tools


B00000ILMYペザンツ、ピッグス&アストロノウツ
クーラ・シェイカー
エピックレコードジャパン 1999-02-27

by G-Tools


ハッシュ
ハッシュクーラ・シェイカー

エピックレコードジャパン 1997-03-26
売り上げランキング : 28056


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↑この『HUSH』というミニアルバム?
「HUSH」「GOKULA」が入ってるし、3曲はライブ音源だけどすごいかっこよくて、
ワタシにとっては、もうこれだけでも無人島持って行き決定みたいなお気に入り盤。

Kula Shaker、海外版のバージョン違いとか、
B面のバリエーション(隠れ名曲が多すぎる!)とかが多くて、
コレクター魂も刺激されまくりで。

さすがにレコード盤には手を出していない。
でも、いわゆる海賊盤?Boodlegまでいくつか手元にある始末。
ワタシにとってはサイケとロックとそれでいてポップさがちょうどいい塩梅。
グルーブ感がたまらなくて魅力的なのです。
posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする