2017年05月16日

[蒐集]南部鉄器のミニ狛犬、ドテチン狛犬

で、ワタシの止まらない興味アンテナは「狛犬〜、狛犬〜」とさまよい始めるわけですよ。
そしたら出会ったちゃうわけ。


南部鉄器で出来ている手のひらに乗っちゃうミニミニ狛犬!
(鉄器なのでズッシリとした重さがあります。)

何このフォルム。
何この顔つき。
これは狛犬なのか!?


岩手の盛岡天満宮にある石馬(いしうま)という愛称のある狛犬だそうで。
石川啄木も愛でたとか。


岩手は未踏の地ですが、いつか本物に会えるかな。


この愛嬌のある顔つきがたまらない。
ドテチンみたいでかわいい。

……え?ドテチンってみんな知らんのかな。古い!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

釜定/南部鉄器/オーナメント/狛犬
価格:3564円(税込、送料別) (2016/12/15時点)


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

[蒐集]狛犬にも興味深々 - 神楽坂 赤城神社

もともと神社・仏閣には興味がある。
Ingressのゲームやってると拠点になってるから神社にさらによく立ち寄るようになる。


LIVE遠征のため行った仙台で、Ingressで立ち寄った神社。
あれ?
なんか違和感。

狛犬が……逆???

まさか、置き方、間違った……???

調べたら、これが仙台流だそうで。
ほへーーーーー!と興味に火が付いた。

ううん、招き猫ばっかりもアレやし、
犬の可愛い授与品があったら……とか、
神社の入り口の立派な狛犬は素敵やなとかは思ってたんやで。

で、東京は神楽坂の赤城神社。


これまた東京のLIVE遠征ついでにどこ行こうか調べてたら、
「狛犬」のミニチュアの授与品があるなんて!
なんだかよく見かける狛犬とちょっと違うフォルム。
これは行かねば!






なんか全体的にツルンとしていて、
スフィンクスみたい。
おかっぱ頭。
可愛い……。

で、ここ、赤城神社、ゲゲゲの鬼太郎と目玉のおやじのお守りもあるんですよ。

インパクト大。
可愛い。

牛込総鎮守 赤城神社 - 東京都新宿区神楽坂
http://www.akagi-jinja.jp/


メチャメチャきれいでオシャレに洗練された神社になっておりました。
東京の神社・仏閣は「コンクリート」というイメージ。


「狛犬」も奥深くて、
本や図録などもたくさんあって、
狛犬だけでもひとジャンルあるということにも驚いております。

4861524601獅子と狛犬
MIHO MUSEUM
青幻舎 2014-09-20

by G-Tools


4900901849日本全国 獅子・狛犬ものがたり
上杉 千郷
戎光祥出版 2008-05

by G-Tools




4902930293狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu (Japanesque)
たくきよしみつ
バナナブックス 2013-10-10

by G-Tools


4479304177神様になった動物たち (だいわ文庫)
戸部 民夫
大和書房 2013-01-12

by G-Tools


488848483X京都狛犬巡り
小寺 慶昭
ナカニシヤ出版 1999-11

by G-Tools


4888482241狛犬学事始
ねず てつや
ナカニシヤ出版 1994-06

by G-Tools
posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

[蒐集]猫だけじゃなくて、犬もね。縁起物かわいいもの。

招き猫ばっかりにご執心でって別に猫好き!ってわけじゃないんです。
やっぱり犬も好き。

ゲームINGRESSのアレもあって、
以前よりずっと神社・仏閣に足を伸ばすモチベーションが上がっている。
元来、信者・仏閣の授与品が好き。
それが可愛いなら、なおのこと入手したい。
・・・・・・で、ハイペースで集まっていっている今日この頃。


奈良の法華寺のお守り犬。
護摩供養の時の灰を山土に練り混ぜてあって、
尼僧らにより一つひとつ手づくりされているというありがたいお守り犬。

これ、こう見えて犬です!
目と口がチョンチョンと穴を開けられただけの極限までデフォルメされた造形といいますか、
もう、最高に可愛い。
たまらんちん。

大中小とサイズがあったかな。
小は本当に小さいけど、並べると可愛い。

いや、お守り犬だけじゃなくて、
十一面観音のある、由緒正しいお寺なんですよ。

光明宗 法華寺
http://www.hokkeji-nara.jp/



こちらも奈良のワンワン。
聖林寺の犬の土鈴。


正面。

かわいすぎるやろー。

法華寺と比べると、こちらは洗練された可愛さで。

聖林寺も国宝の十一面観音立像がある由緒正しいお寺。
フェノロサも称賛したお寺だとか。
場所は奈良の盆地の南の方というイメージ。
山を背景に畑(田?)があって、キュキュキュッと集落があって、
お寺のある風景からして良い感じでした。




聖林寺(公式ホームページ)
http://www.shorinji-temple.jp/






最後は犬のぬいぐるみ。


こちらも奈良の帯解寺というところで。

「犬」「帯」というキーワードから連想して・・・・・・そう!
安産祈願とかのお寺。
無事にお産が済んで帯が解けた、からの帯解寺。

場違い感もヒシヒシと感じながらも、
「犬」というだけで行きましたさ。
手作りの犬の人形がお守りとしてお寺で授与品としてある、というのが珍しい。
素朴で手触りもなかなか良くて可愛い。

犬の土鈴もありましたよ。

子安山 帯解寺 - 安産祈願・求子(子授け)祈願所
http://www.obitokedera.or.jp/

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

[蒐集]招き猫に招かれた - その二十- 素養はあった。


指先サイズの豆招き猫。

小さいときに親戚のおばさんにデパートに連れて行ってもらって、
ワタシが所望したのがこれ。

「え?こんなんが欲しいの???」とめっちゃ驚かれたのをよく覚えている。

この豆招き猫が透明のセロファンにキャンディーの包みみたいに、
愛らしくくるっと包まれていたのだ。






ついでに、座布団付き眠り猫も買ってもらった。

小さいもの好きの素養は昔から。

大きめの招き猫に招かれるのも、ここから始まっていたのだろうか。

そして、
旅行だなんだと、
自分用お土産を物色していると、
「え?本当にそれが欲しかったん!?」と同行者に驚かれ続ける人生であった。


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

[蒐集]招き猫に招かれた -その十九- ガチャガチャ、まねきねこ大全


カプセルQミュージアム 福を招くまねきねこ大全 海洋堂。

もうやめとこう、
と思ったんだけど、
トラが珍しくて惹かれたのと、
手が太くてかわいいのと。


シリーズ1(座布団赤)のベンガルトラ、ベンガルトラ(ホワイトタイガー)、
シリーズ2(座布団紫)のゴールデンタイガー。


もうやめとこう、と思ったんだけど、
シリーズ2(座布団紫)のサーバルとサーバル(ブラック)まで……。

「ついで」ってこわい……。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

[蒐集]招き猫に招かれた -その十八- 九谷焼、眠り猫


九谷焼の特徴というと、
この絵の具がポチポチと盛り上がるくらいの「盛り上げ技法」。
もちろん、このポチポチの招き猫もあるんだけど、
そちらには目もくれず、三毛猫(古め)を追い求めてきたわけで。


白に白の盛り上げも面白いね。


赤いのがやっぱり独特で他には無い特徴がある。
これは現代モノだけど、
ま、これもご縁ということで。


寝姿のお尻がかわいい。

「東京ばな奈」みたいな。


あ、PCのマウスか!


顔。


アメリカ帰りの九谷眠り猫とともに。



3匹並んで眠り顔。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

[蒐集]招き猫に招かれた -その十漆- 九谷焼の三毛猫、大きめ


どーーーーーーん!


九谷焼、三毛猫。
前回の小さ目ので一応のゴールか!?と踏んでいたのに、
またしても出会ってしまった。


高さは20cmくらい。


これ、最初は、全体にヤニか何かで薄汚れていて、
それはそれで迫力があって良かったんだけど、
ちょっとこすったら落ちそうだったので落としてみたら、
すっかりと綺麗な姿が出てきたのです。


なんてったって顔!


この眼力!

どこからでも睨んでくる……!


この妖怪めいた迫力の源は、
黒目の周り、白目の部分が全部金!


いいよー、いいよー、この不気味さ。


グー!です。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

[蒐集]招き猫に招かれた -その十陸- 九谷焼の三毛猫、小さめ


三毛、来たーーーー!

小さ目、高さ15cmくらい。
黒目の周りは金色縁取り。


やっとこさの三毛猫に出会えた。


外向きの耳。
かわいい。


猫背もなかなか。


とん平さんと並べてみる。

目が全然違う。
前垂れの部分も並べてみると模様の盛り方が違う。

とん平さん、なかなか味があっていいな。
重さは断然、びっくりするくらいとん平さんのほうが重くて、
ちょっとしたサスペンスの凶器になりそうなくらいずっしりなのです。
だから、とん平さんのほうが年代的に「古い」のかなと勝手に思っているわけですが。


後ろの括り目のところの色数もとん平さんのほうが華やか。


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

[蒐集]招き猫に招かれた -その十伍- 九谷焼の黒猫、小さめ


高さは15cmくらい。
小さ目。

顔立ちもいでたちも可愛い。

顔立ちはいろんなタイプというか、系統というか、
描かれ方によって違いがある、というのが分かってきた。


だから、キリが無いじゃないか!ということにも気が付いた。


いや、だからこそ、一期一会で、
お顔にピン!と来たらそれはもう……縁とか、運命とか……、
……なんて、勝手な前向き解釈もできてしまった。
そんなとこだけポジティブシンキング。


どーーーーーん。

だって可愛いんだもの。


大き目黒猫とのツーショット。

大き目は高さ21cmくらい。
黒目の周りが金色で、神秘的で理知的。

小さ目は黄色。
顔がなんともかわいい。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

[蒐集]招き猫に招かれた -その十肆 - だん王、日本最古の黒招き猫伝説


灯台下暗し!

昔から前を通っていた京都は三条川端?川端三条?の檀王法林寺。
大きく「だん王」と石碑に書いてあるから、
なんなんだろう?とは思っていたけど、
ここ、
「日本最古の黒招き猫伝説」があるらしい!

「少女鉄仮面伝説」みたいでドキドキするやん!





黒猫の招き猫も授与されているとのことで早速。




かわいいねぇ。
大きい方(12cm)は、ちょっと現代的でシュッとしている。




小さい方(6cm)は、寝起きのワタシのパンパンにむくんだ顔にそっくりではないか。
人形焼みたいでかわいい。

こちらのお顔が元祖なのではないだろうか?





戦利品。





京都造形芸術大学 情報デザイン科 先端アートコースの学生さんがデザインされたというお守りと、
飴ちゃん付きおみくじ。
(この飴ちゃん、金太郎飴になっててかわいくて、素朴な味で美味しかった。)





おみくじの中身も、
それぞれ猫イラストが違ってかわいいんですよ。





黒い猫は魔除けなのだろうか。

ハッ!
黒猫と言えば!





エジプトの猫、バステト神も昔から好きで、いろいろ集まってます。





ドン!

これらが招き猫ルーツなのか!?!?



posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする