2017年08月27日

[手仕事]ジャバ・ザ・ハットのペットのアイツ、サレシャス・クラム


何ができるのかな。
コアラのマーチじゃないよ。


目と口を刺繍で縫い付け。

鼻は後付けじゃなくて、通常の編みの周回パターンの中で、
長編みの玉編み(3dc bob)で膨らませてあるんですよ。

耳も周回パターンの中で出来ています。
レイア姫の三つ編みと同じ要領で、もうだいぶ慣れたもんです。


一行ずつ、プログラミング言語みたいな感じで。


わーい!

手も足も付いた。
これも、後付けではなくて、周回パターンの中で作ります。

えらく可愛らしい顔になってしまった。


綿を入れて綴じてしまう前に、植毛をやっておこう。
何が面倒って、この作業が一番面倒だった。

どうやれば良いか分からず、適当にやることにしたんだけど、
良い植毛方法はご存知ないですか?


こうなります!

小さい。
手のひらに乗るサイズ!

なんか毛を整える前のほうが、パンキッシュで可愛いかもね。
『北斗の拳』に出てきそうやん。


後ろ。

尻尾もあります。



分かるかな〜?

ジャバ・ザ・ハットの横にいる猿みたいなヤツ。
あれ、サレシャス・B・クラム(Salacious B. Crumb)という名前で、
コワキアン・モンキー=リザード(Kowakian monkey-lizard)という種族の生き物なんだって。
ほへー。
名前までは知らなかった。




ジャバ・ザ・ハットと。


ジャバ・ザ・ハット、レイア姫も一緒に。


ジャバ・ザ・ハットの宮殿トリオ完成!

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

[手仕事]虜囚のレイア姫。Slave Leia.



タラーーーン!
ぐひひ。

前回、Jabba the HuttとAdmiral Ackbarを並べて、
「うん、これはやっぱり挑戦してみたい!」と囚われ中のレイア姫。



やっぱり隣に並べるならこれでしょう!と。


例によって、また英語の編み図(編み方指示書)。

毛糸の色を変えながら進むのがちょっと厄介。
肌色ってどんなもん?とか、毛糸の色選びも迷いましたよ。


早速、第一難関の「胸」のところ。


なんか「3 dc bob(長編み三つの玉編み)」を意識しすぎて、
「胸」が強調されすぎて、なんだかエロい。


髪の毛部分は後付けなのね。

"bun"が結った束の髪、"braid"が三つ編みの部分、というのは、なんとか分かった。
でもこの"braid"、本体から伸びているようにくっついているけどどうやって編むんだろう?

三つ編み部分なんて、後からでもいくらでも自由にくっつけられるんだけど、
せっかく英語パターンで挑戦してるんだもの、
理解してから進みたい。

また何日かイメージを“反芻”して、
うーん、説明文が全然分からない、
とりあえずやってみよう、とやってみたら、
すんなりできた!


ふむふむ。
鎖編み(ch)をズビーンと編んでから、
引き抜き編み(Ss)で元の場所に帰ってくるとこんな感じになるのね。
で、またその段をそのまま進む、と。
なるほどなるほど。
いろんな小技が勉強になるわー。
(後から、ちょっと不安になって、もう少し鎖編みを増やして三つ編みを伸ばしたけど、
結果としてはそれは必要なかった。そのまま最終まで行ったけど。)


で、こうなりました。
あられもない姿に。


カツラ(髪の毛部分)をくっつけるとこうなりました。


"bun"(髪束)の部分も良い感じ。


後ろ姿。

首にかかっている鎖は、あえて長めに編んでいます。(指示には無かった)
Jabba the Huttの手に持たせるためにね。


で、こうやって・・・・・・


こうですわ。


なんか、エロい。


では三人で記念撮影。

フォースと共にあらんことを。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

[手仕事]アクバー提督のあみぐるみ - 『Star Wars Even More Crochet』


"It's a trap!!!!!"

前回ジャバ・ザ・ハット(Jabba the Hutt)を作って、
まぶたの出来上がりに気を良くしたワタシは、
これならアクバー提督(Admiral Ackbar)もできるんじゃね?なんて当世都会の若者風に思い付いたら、
早速続編で可愛らしい「Admiral Ackbar」が入っているのを知り予約注文。

[手仕事]『Star Wars Croshet Pack』- STAR WARSのあみぐるみキット!2017年01月21日
http://katsuo3.seesaa.net/article/438739913.html


1626868336Star Wars Even More Crochet
Lucy Collin
Thunder Bay Pr 2017-03

by G-Tools



できた!
かわいい!


で、またまた英語の編み方説明と格闘しながら挑戦。
英語でも日本語でも、たぶん結果は同じなんだろうけど、
そこへ到達するための方法論が違うというか、独特の言い回しだったりするので、
何回も次の工程を読んで、
一旦離れて、
「んー、最終的にどうなってほしいのかなぁ?」と想像を何回か反芻して、
なぜだかこの反芻イメージトレーニングで突如ひらめきが降りてきて、
実践する、という繰り返し。
ほとんど暗号解読状態。

丁寧な編み図が本に載ってるのは日本くらいで、
欧米の編み方指南は、1行ずつ言葉の説明が書いてあるのが通常なのね。
編み図風に起こしてみようかと思ったけど、
すぐに分からなくなって断念。
(しかも、今、写真見たら、濃い色塗ろうとしているところ間違えてる!)


ベビーカステラみたい。
えらく後頭部が絶壁になってる。
どこかが失敗してるんだろうな。


まぶたと目が付いた!
(もうこれだけでも半分以上満足。まぶたがやりたかっただけだから。)


後頭部、やっぱり絶壁すぎる。


鼻の頭になる部分も編み込んでいるはずなのにあんまり目立ってない。
指人形にちょうどいいサイズ。


足の作り方が独特。
胴体もそうだけど、
日本のあみぐるみだと、たいてい足なら足、胴なら胴、頭は頭、と部品をそれぞれに作って、
それを最後に縫い合わせて完成、となるところを、
欧米の(それともこの著者の?)やり方は、
頭から始めたら、途中から鎖編みになっているところの後ろのループを拾って、また下へ、
一方通行に進んで行くの。




足も別々に作るのではなくて、
スカートみたいにズドーンと広げて編んで、
最後に真ん中をきつく縫い付けるとアラ不思議。
足ができました。

途中これで本当に足になるのかと不安になるくらいだったけど。

ズボン部分には黄色のラインも入れて。


爬虫類まぶたの二人。
エイリアン。
可愛い、かわいすぎるぞ!


「あー、ここで、whiteのyarnをjoinするのねー。」とルー大柴のように読みながら、
細い糸で出来上がりも小さいし、目が拾いにくいわーーーーとイライラしながらやっていたら、
だいたいそういう時はどこかで間違ってるのね。
ワーッとほどいてやり直したら、さっきのイライラはなんだったのかというくらいすごく楽になる。

全部出来上がって、
次にぜんぜん違うものを編もうかと、
ふと基本の編み方を確認してみたら……
ワタシが「長編み」だと思って編んでいた編み方が違うものだった。
そしたらアクバー提督の「dc(double crochet)」部分も間違えてたわ!
鼻の起伏部やベルトのポコポコ感が足りないなぁと感じていたのはそのせいだったのか。

んじゃあ、ワタシが編んでいたのは一体何だったの???と調べたら、
半分の長編みみたいな「中長編み」。
うわーーーくやしい。

前回のジャバ・ザ・ハットの時も、
そもそも「立ち上がり1目」のやり方が間違っていたことに後から気づいたし。
長い間、今まで一体何だったんだってくらい。

ま、可愛いし、自分で愛でてるだけだし、
それなりに出来てたらそれでいいけどさ。

英語編み物、毎回発見があって、勉強になります。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

[手仕事]ピクミン帽子 犬用


無ければ作ればいいじゃない!

ということで、犬用ピクミン帽子を作ってみました。

お花の引き抜き編みが、ピクミンを抜くように気持ち良いです。



母には「はなかっぱ君!」と即答されましたが、違います花ピクミンです。


花の部分がちょっと重いのと、
茎?の部分が少し長すぎた???ので、
撮影しているうちにヘロヘロに。

こんなもんかなぁ?と想像しながら、
もっと良いようにできないものだろうかと悩みながら、
適当に編んでは解き、編んでは解き、としてやっているので、
全くしっくりとこない。



茎の詰め物も手抜きでケチったので、
芯に針金でもちょこっと入れるだけでもしっかりするかもしれない。
むーん。1回でバッチリはいかないなぁ。改善の余地あり。



posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

[手仕事]『Star Wars Croshet Pack』- STAR WARSのあみぐるみキット!

1781574006Star Wars Crochet Pack
Lucy Collin
Ilex 2016-09-08

by G-Tools


きょえーーーー!
すごいキットを見つけた。
STAR WARSのキャラのあみぐるみを作るキット。


箱を見る限り、主要なメンバーは作れるみたい。


中身は、作り方の本と、綿と、かぎ針、綴じ針、目のパーツ、
主要なキャラに使われている毛糸……
色はバッチリだけど、圧倒的に量が足りない気がする。
まぁ、気にせず行こう。




ボバ・フェットなんて、チョイスが渋すぎるやーん。
そういうところ好きですよ。
あみぐるみで再現したいかどうかは別として。


ワタシがこのキットの箱を見て、飛びついたのは、これ!
ジャバ・ザ・ハットが作りたい!
俄然そうやんな?な?
え?違う?

問題は、アレだ。
内容は全部英語だということ。
編み物経験者なら、もう写真見てだいたい、で、出来てしまうんだろうなぁ。
ワタシとしては、懇切丁寧な編み図も欲しいところ。
でも、まぁ、丸く編めばだいたい行けてしまうんだろうか……。
せっかくだし、英語の勉強も兼ねて、
英語の世界の編み物世界を覗いてみるというのも良いかもしれない。
説明の通りにやってみるか。
なんか面倒だな……と結局しばらく封印してしまった。


数か月経って一念発起。
「ch」とか「sc」とかってなんなん?
このまま突き進んで、想像で分かりそうな気もするけど……と途方に暮れていたら、
本の最初のページに「ABBREVIATION CHART」、編み方の略語表がちゃんと載っていた。
まぁ、説明されても英語なんやけど。


頭ができてきましたよ。

とりあえず、似たような色の毛糸を買ってきて編み始めてみた。
顔の色の部分の色を変えないといけないんだけど、
色の変え方がよく分からないので、
もう一緒に編み込んでしまう方法にしてしまった。

ちゃんと数えて、説明通りに色を変えるんだけど、
ずれてずれて仕方がない。
何度もほどきながら、もうズレとか、説明通りじゃなくても、
帳尻だけ合わせて進めることに。

顔ができましたよ。

説明書きでは、顔の刺繍はもっと後のほうだったけど、
糸の後始末が特に苦手なので、全部中に隠してしまう作戦で、
この段階で全部やってしまいました。

目蓋を付ける、なんて初めてで、
これを付けるだけで、ググッと爬虫類感が増す。

口の形と鼻の位置がなかなか定まらなくて、
全製作工程の中でも一番手こずった箇所かも。


皇帝、顔ができましたよ!
(ちょうどTVでやっていたのを観ながら編んでいたので。)


頭の次はボディに進む。

もう短期記憶ができなさすぎて、
目の数が合わない合わない。
目印を使いながらでも、何度もほどいては編み、の賽の河原作業。

写真だけ見ていた時は、ボディはボディで下から丸く編んで、
頭と合体させるのかと思ってたけど、
このマニュアルではちょっと違って、残しておいた目を拾いながらだったので、
この部分もちょっと新鮮でした。


で、ボディ完成。

この状態でも、こけしかマトリョーシカみたいで、
可愛いと我ながらご満悦。


んー、綿食い。
綿を綿のままで残しておいても仕方ないのだけど、
綿を詰めても詰めても、という感じの丸さ。

毎日、ちょっとずつしか進めていないから、ここまでわりと日数かけてます。
下手の横好きで、いろいろ作るの好きだけど、
編み物は楽しみ時間が長くて良いですね。


しっぽも付きました。
形になってきた。


小さい部品、手も作ります。


じゃーーーん。
似てるかな?
ジャバ・ザ・ハット(jabba the hutt)。


いろいろ失敗していびつなところは目をつぶって。
どうせ本物の(?)ジャバ・ザ・ハットだって、ブヨブヨのいびつな存在やん。


実は、しっぽを編んでいる時になって初めて、
今までのワタシのかぎ針編みが勘違いのまま進んでいたことに気付いたのよね。
独学?でやり始めて、何年越し!?って感じで。
これも今回得た教訓ということで。

あ、今回得た、といえば、
各パーツの一手目に、
「ch 2, work 6 sc into first ch」と書かれていることにも気付けていなくて、
いつもの調子で「輪から始める作り目」でスタートしてた。
欧米では「ch 2」がスタンダードなんだろうか?
結果として同じような感じになるからまぁいいとして、
これも今回の発見だった。(気付いたのはだいぶ後だった。)


囚われのレイア姫ごっこ。


戦うレイア姫ごっこ。



目蓋を付けたことにすごい満足感・達成感があって、
こんな爬虫類的な表現ができるなら、
毛糸の色を変えて、ちょっと丸みの工夫をすれば、
アクバー提督(←わりとお気に入りキャラ)できそうやん!と思い付き。

……と思ったら、なんと、新作の「Star Wars Even More Crochet (Crochet Kits)」には、
アクバー提督の姿が!!!

で、たぶんとなりに居るのがランド・カルリジアンにジャワ?
渋すぎるやろーーーー!
ツボすぎる。

右端はカイロ・レン。レイももう居るのね、早い。

1626868336Star Wars Even More Crochet (Crochet Kits)
Lucy Collin
Thunder Bay Pr 2017-03

by G-Tools


またぜひとも挑戦したい。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

[手仕事]ヘンプ編み、キーカバー、mokurinとともに。


100均で良い色のジュートヤーン(麻糸)があったので、
ブルー系、紫陽花色で、編んでみた。



毛糸と違って伸びないから、
編むのはちょっと大変。

でもいい感じの色。
ワタシの好きな感じの色でできた。

うひっ。
posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

[手仕事]MOKURINを使って、ヘンプ編みキーケース



木の鈴!
もくりん。

全部木で出来てるから、
コロコロコロとやさしい音がする。

パッケージも鉋屑に包まれてやってきます。

これならアチコチ使いたい。
毎日使うようなところに使いたい。

鍵に付けると気分揚がって良さそうだけど、
鍵のギザギザ部分が鞄の中でガチャガチャするのが気になるのよね。
車の鍵もわりと嵩張るし。

あ、そっか。
編めばいいんだ。



と、いうわけで、ヘンプ糸を使ってグルグルと細編み。



ニュッと引っ張り出せる。







posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

[手仕事]冬の手仕事‐ひつじの正解?



さてさて、いつの間にやらこんな季節。
早いものです。

冬の手仕事はこれから始めよう。

100均で見繕った毛糸、その名も「ひつじのきもち」。
年賀状用のひつじの被り物を編む。

……そこで、またふと考える。

「ひつじ」って、
イラストで描かれる時、
迷わずクロワッサンみたいな「角」が描かれるけど、
はたして、そんな羊は見たことないような……。

少なくとも、羊毛を刈られている羊は、
角でなく、つるんとした耳がついてるよね。

クレイアニメ?のキャラクターの羊は、
顔と手足が黒い。角無し。耳あり。

品種?

はてさて、どういう仕上がりにしようかな。
そして、今回もご協力いただけるかな?↓
(↓ちなみにNGテイク。)

ラベル:
posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

[手仕事]犬の帽子も作ったのよ


どうやったら、目分量でできるのやら。
器用な人は、きっと、ちゃちゃっとやっちゃうんだろうけど。


何目くらい用意すれば、
どのくらいになるのか、
さっぱり分からない。





とりあえず、帽子状にしてみました。

ボンボリと、
タッセルも付けて。



可愛い。

可愛いんだけど……








ちょっと、小さかったようで……








ご機嫌がちょっと斜めのようです……。



posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

[手仕事]スヌードを編もうとしたのよ。



今年、流行っていたのかな?

スヌード、なるものを編もうとしたのよ。


ひたすらガーター編み(表も裏も、表メリアス編み)で、
長方形の横長を2枚作る。
それをつなぐ。



果たして、
スヌードが恋しいであろう、
寒い季節の間に出来上がるのか?と気が遠くなる作業。

この設計、無駄に時間がかかる。

んでもって、
1枚目編めた時に、どうもサイズが足りないんじゃないかと不安になり、
2枚目は横幅の目数を増やして編んでたもんだから、
さらに果てしない作業に。

時間の都合上、1日に数段ずつくらいしか編んでなかったというのもあり。

で、
目一杯毛糸を使って出来上がったものは、
一重巻きだと少し長く、
二重巻きにすると、スヌードというよりは、
「ネックウォーマー」がやっと、
というような、
なんとも中途半端な長さのものが出来上がってしまった。

もう一回やるなら、
もうちょっと縦幅を短くしてでも横幅のを確保するか。
そもそも一重でスヌード風の長さで抑えちゃうか。

もう一回やる気力と時間はあるのか。

うーん、うまくいかない……。


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする