2018年04月22日

[手仕事]デンチナマズくんのあみぐるみを作ったよ - スプラトゥーン2(Splatoon2)のヒーローモード



特別、デンチナマズくんに思い入れがあったわけではないんだけど、
ヒーローモード(オンライン対戦のバトルではなくて、「スプラトゥーン2」での本編?オフラインで進めるゲーム)をやっていると、何回も出会うわけで。


思い入れといえばタコトルーパーのほうが断然。↓

2018年03月18日[手仕事]スプラトゥーン2のタコトルーパー(オクタリアン)を作ったよ。
http://katsuo3.seesaa.net/article/457778258.html


昔、ゲームなんて一周したら終わりなんてもんでしたが、
(往年のスーパーマリオですらゴールできてないけど)
このヒーローモードは使用したブキで全ステージゴールすると、
そのブキが広場のブキ屋で買えるようになるという「やりこみ要素」が用意されていまして。

それでも、一番無難なヒーローシューターが手に入ったらそれでいいかなと思っていたんだけど、
(ヒーローモード、ステージが進むととたんに難しくなる。)
いろんなブキを使っておくことで、サーモンランの時に足手まといにならないで済むかな、
なんて若い時には見せなかった変な向上心が今更ながらに湧いてきて、
全ステージ・全ブキでクリア!
なんてことをやってしまったわけですよ。



そうこうするうちに気が付いた。
2回目以降はデンチナマズくんが「あみぐるみ」に変化しているじゃないか。




(キャプチャした画面は、最初はものすごく苦手だったステージ23。
「クールに決めろ タコギャラクシー #ダッシュで奪取 おまえのコスモ」というタイトルがツボです。)


あみぐるみなら……作っておくか……

というわけで、ゴール地点のデンチナマズくんをしげしげと観察。


後ろ姿も。


こちら側の後ろも。
継ぎはぎ具合はあみぐるみでは再現は難しいな。



少しシーズンが終わりかけだったので、まだ売ってるのか心配だったけど、
おなじみ100均の「ザ・黄色」みたいなアクリル毛糸で。

頭のでっぱりが、手でつかみたくなる感じでちょうどいいです。



あ、パーツとか付けるなら、先に付けながら進んで、
糸始末は中にほったらかしてくるほうが楽チンなんだった、と思い出して、
ちょっとほどいてパーツ類を用意。

顔のバランスが難しい。
可愛らしく目を寄せることもできるけど、
ちょっととぼけた表情にさせたい。

なんだか、人形劇(「西遊記」)のいかりや長介さんみたいになってきた。


綿を詰め始める頃には少し可愛げが出てきた。


できた!


できた!……けど何かが足りない??????
なんだろう?



あ、ヒゲです!
ナマズくんのヒゲです!

モールもちゃんと用意してあったのに、すっかり忘れていた。


犬用の「おまわりさん帽子」(←ガチャガチャ景品)が、
こんなにもピッタリくるなんて!


ついでにヒーローモードにハマっていくきっかけの、
ホタルさんのセリフで好きなのを語っておくと、

「ハイ、タコちゃん」

(↑これでタコトルーパーが好きになったといっても過言ではない。)


「ファビュラス♪」
って褒めてくれるし。


「よしよし、4号はできるコだね〜」
って今風にいうとバブみも出してくれる。

本当に必死のパッチでくぐり抜けた後に「よしよし」されたら、
涙が出ちゃうよ。
リアルの世界で褒めてもらうことなんてないやん。


「いいね〜、4号」


「ナイス、縦ピロピロ♪」

ピロピロのステージは大好きです。


「(お仕事の休みも、これくらいのびないかな…)」

思わすホタルさんのつぶやきも入ってきます。



posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

[手仕事]スプラトゥーン2のスーパーサザエを作ったよ。


スーパーサザエです。
サザエでございまーす。


100均でこの毛糸を見て、好きな色の取り合わせ!と思ったと同時に、
「スーパーサザエっぽい……」と思ったよね。

この碧?緑?水色?のほうもめちゃめちゃ色も好きやわ〜。


スーパーサザエはキャラクターというよりは、
フェスの後にもらえるアイテムなんです。
サザエはお金で買うことはできない貴重品。


広場の片隅にスパイキーという闇取引の売人みたいなことをしてるキャラクターがいて、
スーパーサザエを渡すと特別なことをしてくれる。


すでに集めた分なのか、
座っているところにスーパーサザエがゴロゴロと置いてある。


横のトランクの中には、サザエの中身だけ出てるのがうっすら見える。

ゲーム画面を拡大してよく見ると、
この脇に置かれたサザエ達、
フルフルフル……と小刻みに震えてるのよね。
中身がある分は。
怯えてる???


中身がなくなった殻だけのものもある。
足元にも。
この人ら(スパイキーとダウニーさん)、サザエで何やってるんやろ?


さて、手仕事、編みぐるみ。
どう攻めたものか考えあぐねたけど、
かぎ針でこま編み、くらいしか思いつかないので、
全部球体(丸)を編めればできるやり方でやっていこうか。
貝殻部分はどうやろうかなぁ……。


中身。
サイズ感も検討も付かないので、
とりあえず本体から。

むき身にされたヤツは尻尾みたいなんがついてたけど、
とりあえず真ん丸で。


さて、問題は貝殻。
とりあえず編んでみたら菅笠みたいに。


大きさ見ながら、何度かほどいて、
どんぐりの子どもみたいに。
これはこれで愛着が湧いてきたぞ。


どんぐり、ではなくて、
こう被せたい。


横から見たところ。

こま編みで編み進むのと、中長編み、長編みとか、
どう違うんだろうねぇ。
今までやった編みぐるみは、
たいていこま編みだけで出来てるのが多いけど。

巻貝の“渦感”(そんな言葉あるのか?)を出すために、
中長編み、長編みも織り交ぜて。
お尻?てっぺんはちょっと突起を残してみた。


あとは、上にくる貝殻部分と、
トゲトゲ部分を大小用意します。

で、必要箇所に綿をつめつつ、これらを合体させたら出来上がり、なんだけど、
どういう形になっているのか、
ゲームを付けてはスーパーサザエが置いてあるところに行って、
あちらこちらの方向から拡大して、マジマジと眺める日々。


で、できたのはこんな感じ。
抜き身後の殻。
似てるかな?


後ろも頑張ってるんですよ。


巻貝感できますよね?


取り外し可能な、本体(中身)。


ジャジャーーーン!
中身をセットしたらこんな感じ。
まぁまぁ良い感じなのでは?

スパイキー君、これでどうかしら?


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

[手仕事]スプラトゥーン2のタコトルーパー(オクタリアン)を作ったよ。


思い込んだら100年目!
好きになったらとことん!

スプラトゥーン2の対戦バトルではなくて、
ストーリーモード(ヒーローモード)に出てくる敵キャラ、
タコトルーパー(オクタリアン)を編みぐるみで作りましたよ。

オクタリアンの何に惹かれたかというと、

↑顔がこんななのに、
(画像はタコトルーパーではなくボスキャラですが。)


足がこんな細い!

真夜中に一人、「ひえっ!」と声が出てしまいましたね。
オタク性分の者にはこの「ギャップ」というものに、
めちゃめちゃ心を持って行かれるわけです。


足が、妙に生々しい。
黒ブーツ履いているのん?


足!


他にもヒーローモードで好きなシーンはこちら。

レールに乗ってジャーッとかっこよく滑って行くと、
ホタルさんがちょうどのタイミングで「ハイ、ジャンプ」とアドバイスをくれます。

かっこよく滑れるといいんだけど、
へなちょこプレーヤーにとっては必至のパッチ。

「ハイ、ジャンプ」
と言われて
「はい、じゃーーーんぷ」

で、次が↓

「ハイ、タコちゃん」

タコ!?
タコーーーーー!?(攻撃)


最後は「ハイ、イカジャ〜ンプ」
うぉう!

これ、足元は自動的に前進させられてるの。
だから目の前に現れる変化に必至のパッチなんですわ(2回目)。

それにしても、ホタルさん、「タコちゃん」って呼んでるのか。
かわいい。
ほらね、意外性にすぐコロッといく。


で、手仕事、編みぐるみの話。
ウタソウコさん、という方が、
ドラゴンクエストのスライム始め、
ワタシのツボにどストライクな編みぐるみを作って編み図まで公開されているのですが、
「タコトルーパー」があるのを発見。

ウタソウコ - スプラトゥーン タコトルーパー あみぐるみ編み図(前編)
http://utasouko.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-09dc.html


ウタソウコ - スプラトゥーン タコトルーパー あみぐるみ編み図(後編)
http://utasouko.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-1849.html


めちゃめちゃ可愛い。
やってみたい。
でもなんだか難しそう。
でもやってみたい。
挑戦だ!




とにかく部品が多い。

かぎ針で編むから、一つ一つはすぐ完了して良いのだけど、
これを全部つなぐのか、と思うとちょっとだけ気が遠くなる。



タコの足の吸盤。

輪にして作る作り目、を目数を変えて作るんだけど、
うまくピッと引き締まる時と、そうでないときと、
だいたい「そうでない」んだけど、
終わりかけにやっとだんだんコツがつかめてきたよね。
作業はだいたいそういうもの。


この編みぐるみ、一番の山場であり花形?の部分である吸盤付け作業。

気が遠くなってたけど、
吸盤一つ一つはせいぜい6目とかなので、
6回くらいグシグシ縫い付けるだけでくっついてくれるので、
思ってるよりすぐ終わる。

縫うのは苦手だけど、
編みぐるみの場合は、手慣れた人がやる「なみ縫い」とかの手つきはすっとばして、
上から下、下から上、ってどん臭くグシグシやれるのが良い。
なんなら「ここ通してください」ってイチイチ穴が空いているようなもんだし、
跡も目立たない。


本体の表裏と、
一番のチャームポイント?の足。


下半身も完成させて、あとは合体させるだけだ。


周りをこま編みでかがって、まずはタコ足完成!


顔のほうも見る?

周りをこま編みで囲うことで、周りのガタガタやアラをすべて覆い隠してくれて、
厚みも少し作ってくれるところが本当に良い。



ハイ、タコちゃん。

中細の毛糸で編んだので、手のひらサイズのタコトルーパーです。
可愛い。

一体でも充分満足だけど、
やっぱりこれは……

量産しないと!


オクタリアン工場。
家内制手工業。


吸盤量産中。
狂気。

吸盤の部品だけ持って、
「今日は吸盤を完成させる日」みたいに工程を組んでやっていました。


足も量産!

うわっ、犬神家みたいで不気味!


こうすれば、マシかな?


ハイ、タコちゃん。


左向け左。


かわいい。


最強、オクタリアン軍団。(違う。)


最強、タコ軍団。

It's a trap!!!

スプラトゥーン2のチョコエッグで「オクタリアン」のラインナップがあるのを見た時は、
真っ先に「オクタリアン」がいっぱい欲しい……と思いましたね。
扉が開いてひな壇タコトルーパーがドーン!みたいなシーンを再現できるやん。

↑で、こうなった。


審議。


4号(ヒーローガール)と対戦。


囲まれた!
絶体絶命!


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

[手仕事]マルティナさんの腹巻き帽子、作ってみた。


何かを編んでいる時に、
もう次に編みたいものが浮かび始めているワタシ。

突然舞い降りることもあるので、
(スプラトゥーンのボンボンニット帽が作りたい!とか)
腹巻き帽子がだいぶ後回しになってしまった。
寒い時期のピークに間に合わないじゃないか!


B06XFXK251NHKすてきにハンドメイド 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
NHK出版 2017-10-21

by G-Tools


NHKの「すてきにハンドメイド」でやっていたのですよ。

opalの段染め糸、
「何段編んだら編み方変えて……」という編み方ではなくて、
編んでいて決めた色の糸が来たら裏編みにして、
終わったら段の途中でも表編みに戻す、
というバッサリ感に斬新さを感じてしまったわけです。


B002OHCWGMやまと 輪針40cm 9号
NASKA

by G-Tools


輪針でぐるぐる編んでいくわけですが、
肝心なのは編み始め。

輪針に糸端を短く持って、直接作り目を作っていく方法も斬新。
これだと全然無駄が出ない。

だいたいの日本の編み方の本には、
作り目の時は、作りたいサイズの約3倍くらいの長さで……、
とか書いてあるけど、なんだ3倍くらいって?
作りたいサイズの確信もない段階で。
なんとか、3倍くらい用意しても、良い感じになった試しがなく、
結局ほどいては編み、またほどいては編み……みたいな。

表目を編むみたいに直接作り目を作っていくなんて潔い!

4418154264ベルンド・ケストラーのスパイラルソックス まっすぐ編むだけでフィットする
ベルンド・ケストラー
世界文化社 2015-10-21

by G-Tools


ベルンド・ケストラーさんのソックスの本にあった、
「伸縮性のある作り目のつくりかた」もなかなかにアクロバティック(あやとり風)だけど、
一回分かったらなるほどなるほど、なのでオススメ。
逆に今まで「普通」ってどうやっていたんだろう?くらい。



作り目を終えたところ。

ははーん。
「メリヤス地獄」なんて素敵な言葉もネットで見つけたけど、
ここからがメリヤス地獄の始まりですね。
ここから延々メリヤスを編みます。時々裏目。

このグレー系の色合い、素敵よね。
「サーカス」だったかな、名前。

まずは教科書通りの編み方と毛糸の色で。
この組み合わせもすごい気に入ったので。

半分まで編めたので「赤ずきんちゃん」に色を変えます。
色の変え方も、テレビでは「結ぶだけ」とわりとざっくり説明されてて、ふむふむ、と。


完成。
上手に帽子の形にできてないけど、ピンク系を上に帽子。

毎日ちょこちょこしか進めてないけど、
最後はちょっと頑張って所要時間はだいたい1週間強くらい?

実は段数的にはマニュアル通りには到達してないけど、
そろそろじゃない?と思って強制終了で完成。


リバーシブルでグレー系を上に帽子にすることも可。


ネックウォーマーにすることも可。

大人には腹巻きはちょっときついかも、だけれど、
帽子&ネックウォーマーの形(マチコ巻き)にしたりもできる優れもの。

4860675797しあわせを編む魔法の毛糸
梅村 マルティナ
地球丸 2016-10-14

by G-Tools


B002OHCWEOやまと 輪針40cm 3号
NASKA

by G-Tools

上記のマルティナさんの本を参考にするなら、3号の針で。
ソックス用の毛糸でやるから、もっと「メリヤス地獄」に陥るのでは?
この本には腹巻き帽子だけでなく、これまた挑戦できそうなソックスの編み方も載っていました。


ワタシは「すてきにハンドメイド」で紹介されたのと同じく、
6本撚りぽっちゃり君(といっても並太よりはちょっと細く感じた)で下記の毛糸と輪針40cn9号針で。

そうそう、opalの毛糸売り場で毛糸を物色している時に出会ったおばさまが、
ワタシが手に取っていた毛糸玉を指して、
「それを編むとこうなりますよ」とご自分のネックウォーマーを見せてくださったことがありました。
言われなきゃ分からないくらい自然で、素敵な出来栄えでした。
心が和む瞬間でした。

そして、2枚目も完成。

KFSのopal糸、再び「赤ずきんちゃん」と、
「サーカス」の余り糸を使いながら「ロリポップ」。


3色使いだけど、違和感ない。
これは余り糸をどんどん何色でもつなげばもっとオリジナルな楽しいものができる???














posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

[手仕事]ウインターボンボン(「Splatoon2」)も編んでみたよ。- 編み込み模様初挑戦


またまた『スプラトゥーン2』のアタマギア。
可愛いんです。


今回目指すのはこれ!
ウインターボンボン。


ブランドはホタックス。
(イカ)文字のロゴが編み込まれている。


後ろからのほうがよく分かるかな。


何色でも良いと思いますが、
最初なので、デフォルトの紫で目指したい。
ちょうど、100均で、この色キレイやなぁ……と、
前回のボンボンニットの時に横目で見てた薄紫系がちょうど良さそう。
(ボンボンニットの時の黄緑系もキレイだったし、あと水色系もキレイだった。)


編み始め。
今期はopalのカラフルなソックヤーンばっかり見て編んでいたから、
そういうと黒の毛糸で(あみぐるみ以外で)編んだことなかったかも……と気付く。

カラフルな糸は何より見ていても楽しい気分になるし、
黒の毛糸がこんなに編み目が見にくいとは、
という感じで、先行き不安な感じでのスタート。

それより何より、ひとつの模様部分に30目か、
じゃあ3回繰り返して90目?とテキトーに編み始めたことにより、
サイズはこれでいいのか?と常に不安がつきまとう。
そもそも被り口の2目ゴム編みには4の倍数で作り目を用意しないと、
表表・裏裏のリズムがうまく行かないことにもうドンヨリ。
この時点で引き返しておいてもよかったけど、このまま突き進むことに。
(それが後半、もっとドンヨリに突き落とされることになるとは、
この時知る由もなかった。)


2目ゴム編みも数が合わなくて居心地の悪いまま、
模様編み込みのところまで突入。

楽しい!
機織りとか、組み紐の気分ね。

実は初挑戦でして。
なんか難しくて面倒そう、裏側はどうなってるの?(糸始末にゲンナリするのでは?)
裏側の渡り糸はいいけど、その分毛糸がもったいなかったり、
編み物の特性の伸縮性を失ってしまうのでは?
……と敬遠してきたのです。

そんなハードルをするりと越えさせてしまえるのは、
『スプラトゥーン2』の成せる業。
「やってみたい」が原動力。


裏側はこんな感じで良いのでしょうか?
できるだけこまめに渡し糸を絡めています。

渡し糸を絡める際に、
最初は毎回ぐるんぐるんに毛糸が絡まって、
「これ、毎回解きながら進むの!?!?」と途方に暮れていたけれど、
やっていくうちにコツをつかみました。

毛糸の絡みを解くのではなくて、
切り替え・持ち替えの時に、
毛糸玉を先にポイッと送っておくのですね。
そう、組み紐とか機織りみたいに。


紫5回に黒2回、とピクロスや、ドット絵を作る感覚で楽しいのですが、
編んでいる途中は被ってみることもできず、
伸縮性やサイズ感はどうなのか、不安で不安で仕方がない。

もうやり直すにも、半分以上来てしまった。
とりあえず最後までやってみて、ゴールが分かってから賽の河原作業として解くか……
とどんどん突き進むも、
このあと、どうやっても減らし目がうまくいかず(編み方ではなく、割り算として)、
「終われない」という呪いがかかってしまったのです。

帽子の編み方の最後のほう、をちゃちゃっとネットで調べても、
誰もそんなことに悩んでなさそうな雰囲気。
それぞれの方法で当然のように終われている。
そりゃそうだ、最初の作り目の数がちゃんとしていれば、
終わりなんて自然と来るし、悩むことなんてないもんね。

もうちょっと踏み込んで調べても、
「ゲージをちゃんと計りましょう」とか、
いや、本来はそうなんだろうけど、
付け焼刃でここまで来てしまってん。
とにかく、目先のこれを終わらせてほしい。
いや、終わるだけなら、減らし目をせずとも、ギュッと絞るだけでも終われるんだろうけど……

あーん。
もう嫌だ。
もう解いてしまいたい衝動。


ドワーーーー!

一目ずつ戻るのに嫌気がさして、針を抜いてドワーッと解く。
とりあえずモチーフのところまで。

これ、また針に拾う作業も、言うまでもなく、すごい大変なんですよ。


輪針を諦め、棒針3本に戻す。

落ち着け、ボンボンニット帽の時も、
終われなくなったけど、なんとか終わったじゃないか。
あー、でもあの時と作り目の数が違うんだよねーーーー。


お、終われそう……!!!


終われた!

ポンポンメーカーも慣れたもんです。


ホタックスのロゴ。

今回はアイロンプリントも手慣れたもんです。
(失敗は成功の母。)


またしてもアクリル糸なので、手触りはゴワゴワですが、
心配したサイズも大丈夫だった。
ちゃんと被れます。


↓ウインターぼんぼん作成にあたり、こちらを参考にさせていただきました。感謝。
yamatemaさん
2015-12-17 Splatoon のウィンターボンボンを作った話 - Seventy-five O'clock Jump
http://yamatema.hateblo.jp/entry/WinterBonBon





posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

[手仕事]ボンボンニット帽 - Splatoon2のアタマギアを作ってみた。


Nintendo Switchの『スプラトゥーン2(Splatoon 2)』のアタマギア、
ボンボンニット帽を編んでみました!


↑これです。


全部、100均(ダイソー)製品でできています。
イマドキ、何でもあるんでビックリですよ。
良い感じの黄緑系の毛糸、
ポンポン作成機、
アイロン転写シート(ロゴラベル用)、
ゼッケン布(ロゴラベル用、ほつれにくい)。


スプラトゥーン2の面白さを説かれた時の一つに、
「フクが可愛くて、いろいろ欲しくなってしまいますよ」
と言われたのだけど、
いやーワタシ、「着せ替え遊び」とか興味湧かない幼少期だったもので、そういうのは……、
見た目よりも機能(防御力の強さ)じゃないの?と話半分に聞いていた。

始めてみたら、教えてくれた人よりフクを買いまくって、
「ゲームの中で金欠になって、スパイキーに注文した本日受取分すら受け取れない……」
という事態に。

あ、フクっていうのが、
RPGで言うところの防具で、アタマ(兜)フク(鎧)クツといろいろ組み合わせコーディネートが出来て、
それぞれにバッジみたいなのを着けて防具の特殊効力が付くのです。



で、それぞれおしゃれで可愛いの。
これぜったいDr. Martensやん!ってブーツやラバーソウル系を集めるところから始まり、
理想はロックな出で立ちにしようとロッケンベルグ系で決めたいわけ。



でもこのボンボンニット帽が可愛くてさ。
真っ先に買ってしまったアタマギア。
(画像は直前に紫インクチームにいたために、ニット帽も紫色になっています。)

ふーむ、これ、二目ゴム編みでボンボン付けるだけだし編めるんじゃない?とゲームをしながら構想を練っていたわけで。


このハマグリ状のものはポンポン製造機。
半分ハサミを入れたところ。

ゲーム画面を凝視して、
ポンポン部分のサイズ感を確認し、
けっこう存在感あるけどバランスのいいところ……で、7cmの枠で作りました。

昔はポンポン作るのに、
段ボールの切れっぱしを適当に切れ目を入れて、
巻き加減はこんなもんでいいのかなぁ?と不安になりながら巻いても、
やっぱりヘロヘロなポンポンしか作れなかったので苦手意識がありましたが、
ポンポン製造機を使ってみたら、
拍子抜けするくらい簡単に出来てしまった。
時代だなー。

ポンポンを作るより苦戦したのが、
最初のかぶり口の折り返し部分、
本物(画像)を見ると、けっこう折り返してあるからけっこうの段数編まないといけない。

それよりもさらに苦戦したのが、
頭の先のすぼめて行く部分。
帽子を編むのは久しぶり。
いざ、適当に始めると、
どうやって良い感じにすぼめて終わるんやったっけ?
と何度もやり直しました。
編み物って算数のセンスが必要。


それよりも何よりも苦戦したのが、
ロゴラベル!
本体の編み物部分よりも苦戦した!

ロゴはPNGで配布してくださってるのを利用させていただいて、
アイロン転写シートに印刷。
Canonのプリンタが印刷対象に「転写シート」を選ぶだけで、
勝手に反転させてくれるお利口さんだなんて気付かなくて、
最初、一生懸命、反転画像を用意していましたよ。

いよいよアイロン転写となった時に、
アイロン台で、糊付ゼッケン布でやってしまったものだから、
アイロン台カバーに糊をつけてダメにしてしまうわ、
圧着の力加減が分からないわで、この有り様。

後から、「やり方とコツ」を調べたら、
まず「アイロン台は不向き」と書いてあって愕然としました。
服のシワを伸ばすために、台自体がフワフワとやわらかくなってるのがダメだってさ。
のっけから違った……。
アイロン台カバーよ……。

そんでもってかなり力もかけたほうがよいので、
新聞を重ねたものとか、しっかり平らな状態が良いそうな。
糊付き布だったもので、こわごわ押してるのも余計にダメだったのね。
やり方はちゃんと調べてからやろう。


そして失敗は成功の母。
今度は糊付じゃないゼッケン布で再挑戦。
台はこれまたスプラトゥーン2のギアコードが欲しいためだけに買ったコロコロコミックを使う。
固いしちょうどいいだろう。
めくれにくいように角も丸くした。
今度はうまくいった。


ちゃんと人が被れる大きさで作ってるので、
コスプレでも、普段使いでもできるシロモノなのですが、
いかんせんアクリル毛糸で編んでるので、
手触りはゴワゴワでごわす。

とりあえずの写真撮る用だけの状態なので、
糸の色を変えたところも糸始末はほったらかしだし、
帽子のオブジェ、状態です。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

[手仕事]ベルンド・ケストラーのスパイラルソックス - かかと無しで編める!

4418154264ベルンド・ケストラーのスパイラルソックス まっすぐ編むだけでフィットする
ベルンド・ケストラー
世界文化社 2015-10-21

by G-Tools

「親指から編むミトン」ですっかりはまってしまったベルンド・ケストラーさん。
靴下の本も出てる!
ネットでカートに入れておいてもすぐ売り切れるのでビックリ。

これがまたバッサリと合理的ですごい。
かかとを編まないソックス。

だいたい、日本の編み物の本では、
靴下の編み図でも「かかと部分」がえぐいことになっている。
それを見ただけで「やめとこ」とやる気を失うくらいで、
ワタシもいつかはやってみたいと思ったものの挑戦できず。

何かで読んだのか記憶が曖昧だけれども、
海外(欧米?)では、
最初に挑戦する編み物がソックスだとか。
日本で言うところのマフラー的な存在として。
違ったらごめん。
少なくとも海外(欧米?)ではマフラーではない、は確か。
文化の違いに「へー」と思っていたものです。

で、かかとを編まないソックス。
「スパイラルソックス」自体は昔からある手法だそうで、
第二次世界大戦の頃、戦争に行く兵士に編んであげて応援しようという運動で、女性が編んでいたものらしい。
誰でも編めて、サイズ調整不要、磨り減ってもかかとをずらして履けるから長く履き続けられる、
どこまでも合理的。

で、今は、opalなどの段染めの毛糸がどんどこ入ってきてるから、
ただただ編むだけで模様のように色が出てきて楽しい、というシロモノ。


とにもかくにも練習に、と、
早速opalの糸で編み始める。
若干毒々しい色合いにも感じたが、店頭で少々割安だったもので。

本では3号の5本針で、となっていますが、
輪針でズンズンと。
しかもこれ、USサイズの3号だったので、3.25mm。
日本サイズの3号よりもちょっとふんわり大きめに編めて行ってます。

ここまで編んだだけで気付いたのは、
これ、ものすごい持久戦。
表編みと裏編みの組み合わせの繰り返しで簡単なのはいいけど、
それゆえ、ミトンのように目が増えていくわけでもなく、
淡々と長さを出していくだけの耐久レース。

作業としては単純、
道具は少なくコンパクト。
それゆえ、持ち運びも楽々なので、
出先の隙間時間でも、移動中でもチョコチョコ編めてしまう。


木のビーズみたいなのがぶら下がっているのは、
エンドレスにぐるぐる編んでも「ここが始まりですよ」の目数リングと、
「今何段目ですよ」の段数カウンターを数えるためのもの。
数珠、ってこのためにあるんなぁ、というくらい数珠感出してます。

ワタシ、数を数えるのすごい苦手で、
この数珠カウンターの使い始めも困った困った。
「今から1段目」なのか、
「今やってきたのが1段目」なのか、
数え年なのか満年齢なのか、
針にかかっているのは何段目なのか???
数えなくてもいいものまで数えてしまいそうでいつも疑心暗鬼。

慣れてきたら、とにかく無心に、
1段やったらビーズを一個動かす、という風にできて、
これなら途中で止まっても大丈夫。


とにもかくにも、片足分完成。

ちょっと太目の針ということもあり、
お手本の段数どおりやると、長すぎるのでは?と途中で強引につま先を作って無理くり終了。

うー。
手袋(ミトン)と同じで、
もう一個同じように作らないと、役をなさないなんて。


両足分完成!

ここで上級者は両方の柄の出方を揃えたりするんだろうけど、
不揃いでも可愛い。オッケーオッケー。

冒頭詳解したベルンド・ケストラーさんの本では、
履き口をいろいろ変化をつけて工夫した編み方が紹介されているので、
さらなる挑戦はこれからだ。

と、いうのも、編み物する人は大体そうだと思うんだけど、
毛糸自体が可愛いと、それらをいくつも集めてしまうという「沼」があり。
危険でしょー、ワタシみたいな人間には。
で、何が罪、って、毛糸は「シーズンもの」だったりするので、
定番商品というよりは、一期一会な商品だったりするのです。
いいなと思っていても、次、行ったときにはもうない。
ガーン。
または途中で足りなくなっても怖い、もう一個買っておこうとか。

で、こうなる。


写真に写ってる以外にももう2、3玉〜それ以上?はあることになる。
良い毛糸、となると決してお安いものでもない。
在庫をかかえたまま暖かい季節になる……

また、次のブームが来る。
……こわい。ヒャー叱らないで。

もう最近は、小さな作品なら夏だって編んでたっていいじゃん、
とこっそり編んでたりするから、
どうぞ許してください。

おまけ。

靴下編みながら、
足首がめっちゃ寒いなぁ、靴下より足首ウォーマーのほうが「今、欲しい」のでは?
と、気持ちは足首ウォーマーへ。
移り気。

スパイラルソックスと同じ方法で、
余り糸で出来るのでは?と予想してやりだしたけど、
あとちょっとが足りなかった。
違うopalのレーゲンヴァルトの糸でつないだけど、
なんとなく似てるし分からないね。
なんなら可愛いかも。
ま、外で出して歩くものでもないので、
なんでもいいのさ。


道具なんてなんでもいい!(100均いい!)と思ってたけど、
それなりに整えると、見違えるほどやりやすくなるので、
やっぱり道具って大事なんだなと思います。
針先次第では毛糸を掬う時にやたらと計との撚りが割れてイライラしたりするしね。

毛糸を拾うほうが1cm長くなっている左右非対称針。
ソックヤーン向けになんと0号から用意されています。
コードがつながっているところがクルクル回るのもミソ、らしい。
  ↓


輪針でスイスイ進んでも、すぼめていく時とか、
最後には絶対必要になってくるので、こちらも↓

最後のことまで考えると、
最初から5本針使っておくのが最強なのかもしれない。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

硬質 両先5本針 15cm 3号
価格:691円(税込、送料別) (2018/1/19時点)



持ち運び中に針から編み目が外れないように……とついでに購入したけど、
ワタシの性格では、目が外れることよりも、
このゴムキャップが外れてどっかに行ってしまうのでは???とソワソワしてしまう小心者でした。
でも、あると安心。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴムキャップ 小 4個セット
価格:259円(税込、送料別) (2018/1/19時点)




「ビーズの段数カウンター」はユズアメさんのこちらのブログを参考にさせていただきました。

2017-02-15【編み物】ビーズで段数カウンターを作った - とびだせ ユズアメの森
http://yzuame.hatenablog.com/entry/2017/02/15/185253


編み物道具を「メインウェポン」とか表現されていて、
ゲーマーのワタシにとってはめちゃめちゃ楽しい表現で説明されています。
どの記事も楽しい!
2017-03-02【編み物】靴下2号完成!ベルンド・ケストラーのスパイラルソックス - とびだせ ユズアメの森
http://yzuame.hatenablog.com/entry/2017/03/02/
185440






posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

[手仕事]ベルンド・ケストラーのミトン よそ行き


前回、やり始めのちょこっとをお見せしていたところですが、


ちゃんとできています。
可愛い。
この毛糸の色も。


裏側の裏編み部分ですら可愛い。


色の出方が不揃いでも可愛い。

この毛糸は最初にやっていたのよりもだいぶ細く、
撚りが少なく弱弱しく感じましたが、
なるほどこういうサイズで出来上がるための編み図(目の数)だったのか、と納得。
やっと手にちょうどいいサイズのものができました。


4418174257ベルンド・ケストラーのミトン 親指から一気に編める
ベルンド・ケストラー
世界文化社 2017-10-21

by G-Tools


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

[手仕事]『親指から一気に編める ベルンド・ケストラーのミトン』- スプラミトゥーーン splatmitteen!


ベルンド・ケストラーさんの親指から一気に編めるミトンの形を見て、
「これは、スプラシューターが作れるのではないか!?」と閃いたわけですよ。
(スプラシューター:ゲーム『Splatoon 2』のブキ。)


スプラシューターは右下の小さいのを参考にしてください。
まぁ、模様の出方に限界があるので全く同じ、とはいっていないので、
皆様がたの お目がもしお気に召さずば ただ夢を見たと思って お許しを。


こんな風に編み始まります。


内側はこんな感じ。
風車型で編んでいます。

編み物をしているかゲームをしているか、の廃人状態で、
これを編んでいる最中は、
ゲームの中ではスプラシューターをメインウェポンとしては使っていなかったので、
ワタシの想像の中のスプラシューターを再現しようと最後までいって、
やっぱりなんか違うな、とまた全部ほどいて、賽の河原作業。

並太の糸を、細めの5号の針で編んでいるもんだから、
けっこうキツキツ。
サイズ調整のために段数を調整しています。


手にはめるとこんな感じ。
これがやりたかっただけ、という。


間髪をおかず、
次はちゃんとした(?)作品にもとりかかっておりますので。

4418174257ベルンド・ケストラーのミトン 親指から一気に編める
ベルンド・ケストラー
世界文化社 2017-10-21

by G-Tools


これも面白そうな編み方だから、
ミトンが終わったら、次はソックスも挑戦しよう。
果たして寒いうちに間に合うのか!?!?

4418154264ベルンド・ケストラーのスパイラルソックス まっすぐ編むだけでフィットする
ベルンド・ケストラー
世界文化社 2015-10-21

by G-Tools



posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

[手仕事]『親指から一気に編める ベルンド・ケストラーのミトン』- 合理的で斬新!簡単。

4418174257ベルンド・ケストラーのミトン 親指から一気に編める
ベルンド・ケストラー
世界文化社 2017-10-21

by G-Tools


以前、
2017年10月15日[手仕事]Nintendo Switchを待ちすぎて、手提げケースまで作っちゃいました。
http://katsuo3.seesaa.net/article/453850172.html

の時に気になっていた本、
『親指から一気に編める ベルンド・ケストラーのミトン』が面白くて、
ずーーーーっと編み続けています。



最初は毛糸の残量の様子を見ながらやっていたので、
何度もほどいていたので、やっと形になるまでに4回くらいは編んでるんだけど。
手袋なので、2個編まないといけないのもなかなか賽の河原作業でして。

でもでも、それを補って余りあるくらいに、この編み方は良く出来ているし、楽しい。
まずもって、
途中で一度も糸を切ることは不要!
それから、面をつなぐための「はぎ」のために、とじ針に持ち替えることも不要!
あの「ナントカはぎ」の難解な図に目をシバシバさせなくてもよい。
そして、ゴム編みの綴じも同じく、
針を持ち替えることもなく、IQテストの図形問題のような図におのれの空間認知を試されることも不要!
(これ大事↑)

何より、親指から編み始めるので、
今までのミトン(手袋)の編み方でどうしても挫折しがちな、
親指の付け根の穴が一切発生しない!

合理的にできてるなぁ……と感心していたら、
この本の作家さんはドイツの方でした。
ガッテン。

日本の編み方では目をねじってはいけません、くらいだけど、
それすら利用して、模様編みに活かされている。
まだそこまでは進んでない。
毛糸の色の配色だけでも、日本の編み物の本とは違って、
ポップで楽しくなる。


基本の二等辺三角形に広がってく形。


風車のようにねじれて広がっていく形。



段を進めるごとに、どんどん目を増やしていくだけだから本当に楽しい。
で、ねじりながら増やしたりしているうちに、
改めて自分の「表目」の編み方と「裏目」の編み方が間違ってるんじゃないか、と焦ってほどく羽目に。
いつのまにか基本、全部ねじり目で編んでいたんじゃないか???みたいな。
まぁ、全部がそれで揃っているならそれでいいんだろうけど、
やけにやりにくいなぁ……みたいな。
早よ気付けよ自分、みたいな。

で、このミトンの形を見た時に、
ピキーン!とやりたいことが定まっていたわけですよ。↓


けれどもこれは別の物語、いつかまた、別のときに話すことにしよう。

このミトンの一番良いところは、
親指や指先が開いているので、スマホの操作だってできてしまうのです。
なんて現代的!


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする