2017年08月06日

[手仕事]アクバー提督のあみぐるみ - 『Star Wars Even More Crochet』


"It's a trap!!!!!"

前回ジャバ・ザ・ハット(Jabba the Hutt)を作って、
まぶたの出来上がりに気を良くしたワタシは、
これならアクバー提督(Admiral Ackbar)もできるんじゃね?なんて当世都会の若者風に思い付いたら、
早速続編で可愛らしい「Admiral Ackbar」が入っているのを知り予約注文。

[手仕事]『Star Wars Croshet Pack』- STAR WARSのあみぐるみキット!2017年01月21日
http://katsuo3.seesaa.net/article/438739913.html


1626868336Star Wars Even More Crochet
Lucy Collin
Thunder Bay Pr 2017-03

by G-Tools



できた!
かわいい!


で、またまた英語の編み方説明と格闘しながら挑戦。
英語でも日本語でも、たぶん結果は同じなんだろうけど、
そこへ到達するための方法論が違うというか、独特の言い回しだったりするので、
何回も次の工程を読んで、
一旦離れて、
「んー、最終的にどうなってほしいのかなぁ?」と想像を何回か反芻して、
なぜだかこの反芻イメージトレーニングで突如ひらめきが降りてきて、
実践する、という繰り返し。
ほとんど暗号解読状態。

丁寧な編み図が本に載ってるのは日本くらいで、
欧米の編み方指南は、1行ずつ言葉の説明が書いてあるのが通常なのね。
編み図風に起こしてみようかと思ったけど、
すぐに分からなくなって断念。
(しかも、今、写真見たら、濃い色塗ろうとしているところ間違えてる!)


ベビーカステラみたい。
えらく後頭部が絶壁になってる。
どこかが失敗してるんだろうな。


まぶたと目が付いた!
(もうこれだけでも半分以上満足。まぶたがやりたかっただけだから。)


後頭部、やっぱり絶壁すぎる。


鼻の頭になる部分も編み込んでいるはずなのにあんまり目立ってない。
指人形にちょうどいいサイズ。


足の作り方が独特。
胴体もそうだけど、
日本のあみぐるみだと、たいてい足なら足、胴なら胴、頭は頭、と部品をそれぞれに作って、
それを最後に縫い合わせて完成、となるところを、
欧米の(それともこの著者の?)やり方は、
頭から始めたら、途中から鎖編みになっているところの後ろのループを拾って、また下へ、
一方通行に進んで行くの。




足も別々に作るのではなくて、
スカートみたいにズドーンと広げて編んで、
最後に真ん中をきつく縫い付けるとアラ不思議。
足ができました。

途中これで本当に足になるのかと不安になるくらいだったけど。

ズボン部分には黄色のラインも入れて。


爬虫類まぶたの二人。
エイリアン。
可愛い、かわいすぎるぞ!


「あー、ここで、whiteのyarnをjoinするのねー。」とルー大柴のように読みながら、
細い糸で出来上がりも小さいし、目が拾いにくいわーーーーとイライラしながらやっていたら、
だいたいそういう時はどこかで間違ってるのね。
ワーッとほどいてやり直したら、さっきのイライラはなんだったのかというくらいすごく楽になる。

全部出来上がって、
次にぜんぜん違うものを編もうかと、
ふと基本の編み方を確認してみたら……
ワタシが「長編み」だと思って編んでいた編み方が違うものだった。
そしたらアクバー提督の「dc(double crochet)」部分も間違えてたわ!
鼻の起伏部やベルトのポコポコ感が足りないなぁと感じていたのはそのせいだったのか。

んじゃあ、ワタシが編んでいたのは一体何だったの???と調べたら、
半分の長編みみたいな「中長編み」。
うわーーーくやしい。

前回のジャバ・ザ・ハットの時も、
そもそも「立ち上がり1目」のやり方が間違っていたことに後から気づいたし。
長い間、今まで一体何だったんだってくらい。

ま、可愛いし、自分で愛でてるだけだし、
それなりに出来てたらそれでいいけどさ。

英語編み物、毎回発見があって、勉強になります。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: