2017年07月02日

[ゲーム]『ピクミン2』- ピクミンがやりたい衝動でピクミンを探しまくる。

B06Y99PDP9Hey! ピクミン
任天堂 2017-07-13

by G-Tools


「休みの日には炊事してるの?」と聞かれても、

「休みの日には"Switch"してるの?」

と聞き間違えるくらい頭の中がゲームのことだらけの最近のかつおさんです。
Switchとは任天堂の新しいゲーム機「Nintendo Switch」のことね。

3DSの新しく出るピクミンのことを考えてたら、
もうピクミンが今すぐやりたくて仕方ない衝動に陥り。

かつて「ピクミン」がやりたいがためだけに、
GAME CUBE本体と『ピクミン』『ピクミン2』のソフトを中古で買ってしまうという暴挙に出たことがあり、
それらはどこかに片付けてあるはず。
物持ちはいいの。(自慢)

で、何か別の物を探している時に、
意外な場所で見かけたような変に鮮明な記憶だけはある。
よし、あのあたりを探すか。

気付けばワタシ、探し物ばっかりしてる気がするな。
たぶん将来ボケたら、探し物ばっかりしてると思う。
しんどいだろな。

本体とソフトを見つけるのがもうピクミンだった。
最初に目星を付けたところと全然違うところから本体が出てきた。
しかも、本体ブルーの記憶が、出してみたらシルバー。
すごい綺麗で状態が良い。
メモリーカードまでしっかり一緒のダンボールに入っていた。
物持ちはいいの。(自慢2回目)
しかしソフトは一緒に入ってない。

今度はソフトを探す。
これまた意外な場所で見たような、これまた変に鮮明な記憶がある。
今度は小さくて薄いし、本などと一緒に紛れて片付いていたら見付けにくいかも。
出てきたら出てきたでいいから、中古をポチッと買ってしまったほうが手っ取り早いのではないか。
でも、みすみす「どこかにある」と知っていて買うのもけったくそ悪いしなー。

もう半ば諦め、適当に中古を見繕ってポチッとしてしまった後で(!)、
ふと元々小型TVを置いてプレステ等のゲーム機をつなげていた場所を見てみたら……
……そこにそれはあったのだ!!!
そのままの状態で。
少し埃をかぶって。
ずっと待っていてくれたのだ。

これまた元々が中古で買ったはずなのに、めちゃめちゃ状態が良い。
「中古-非常に良い」やで、こんなん。
(下の画像には写ってないけど、紙スリーブもピカピカ、特典カードの封さえ切られていないのだ。)
物持ちはいいの。(自慢3回目)



神様ありがとーーーーーー!
注文ポチッとしてしまったのを慌ててキャンセル。ごめんなさい。(まだ間に合ったのでセーフ。)

もうここまでがピクミン。
毎日がエブリデイ。
ふぅ。

B00009KAPMピクミン2
任天堂 2004-04-29

by G-Tools


4757719248ピクミン2 ねこそぎお宝回収ガイド
ファミ通書籍編集部
エンターブレイン 2004-06

by G-Tools


早速『ピクミン2』を起動してみる。
これはやり始めてすぐに頓挫してしまってクリアしてないの。

1作目を終えた直後に、すぐに2のソフトを入れて始めたから、
オープニング、やっとの思いで帰ってきたのに、
会社は倒産、
せっかく部品を集めて元通りにしたロケットを返済の充てに売り飛ばされてしまい、
それはそれは社長を恨んださ。
ボーッとして間抜けに見えるルーイも。
なんやねん、急に出てきて。
ワタシがどんな思いをしてあの星でロケットの部品を集めて回ったと思ってるのさ!てなもんよ。

で、2作目は、1作目のビチビチの緊張感のタイムリミット感と違って、
日数制限がないゲームになってて、
なんとも間延びしたゲームに感じて、
ピクミンの色(特長)も増えて面倒そうやなぁと、
燃え尽き症候群になってそのまま遠のいてしまった。

ところがどっこい。
どっこいしょ。
今やってみると、これはこれで良いではないか。
大人になった、今だからこそ、かもしれない。

今日失敗しても、また明日ピクミンを増やして再挑戦すればいい。
(なんかの格言のようだ。)
日数制限がないから、ピクミンを増やしたり、
赤い実・青い実を集めるだけの日を作っても良いのだ。
これならひとつひとつの課題にゆっくりじっくり探検できる。

1作目は、はいアナタ達はここで壁破壊班、はいアナタ達は運搬班、
基地ではピクミンを増やしている間に、
ワタシ達は探検を進めておきましょうという、
「究極の仕事割り振り効率段取りゲーム」だった。

ピクミンに火がついたり、水に溺れて減ってしまおうもんならそれはもう愕然としたさ。
失敗すると確実にバッドエンドが待ち構えている。

タイムリミットが無くなって(日中の屋外行動時間の制限はあるけど)、
ピクミンの種類も増えて、どうなることかと思ったけど、
その分すごく上手にゲームバランスが調整されている。
さすが!

反射神経を要するだけのゲームは苦手だけど、
これならパズル的な要素が強まっていて、
下手くそなワタシにでもじっくりと少しずつ楽しめそう。
でもその下手くそさゆえに、
青ピクミンに火がついて「ワーッ!」と逃げ惑う様、
転がる岩のちょうどコースに居て下敷きになってしまう様には、
ごめんよごめんよー!と焦りまくり、心の底から申し訳ないと思う。

百歩譲って、
「戦い」でなら少々貴重な白ピクミンや紫ピクミンが減ってしまってもやむなし、と思う。
でも、日没に回収しそびれたために、逃げ遅れて原生生物の餌食になってしまう様はいたたまれない。
ワタシの不注意で減らしてしまうことほど悔しいことはない。

ピクミン達がえっちらおっちら運んでくれる「お宝」の勝手なネーミングもなかなかのツボ。
いまさらに胸が燃え滾っているわけです。
寝不足必至。アカン。

一番最初に最初に「ピクミン」をモーレツにやりたくなったのはこの投稿あたりからだったと思う。
 ↓
ピクミン日記 - ほぼ日刊イトイ新聞
http://www.1101.com/nintendo/pikmin_diary/index.html


ヘビガラスとクイーンチャッピーとかの気持ち悪い敵キャラの話がお気に入り。

あと松ちゃん(松本人志)も「○○な話」か何かで熱弁してたのもすごかったね。

B001HBIPIUWiiであそぶ ピクミン2
任天堂 2009-03-12

by G-Tools


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: