2017年04月23日

[映画]『王の運命 -歴史を変えた八日間-』- 思悼世子、米びつ事件

B01ICOOTT8王の運命 -歴史を変えた八日間- [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2016-10-12

by G-Tools

いろんなドラマで何度もモチーフとして出てくる思悼(サド)世子。

王様(実父)に米びつに閉じ込められて死ぬ、
という何じゃそら!?の展開に、
毎度、勝手に「米びつ先生」と呼ばせていただいて親しませております。

何度も描かれるということは、
あちらの国でもそれだけ歴史上のドラマチックでミステリアスな事件ということなのでしょう。

謎。
なぜ米びつ?
なぜ実の父親にそこまでして殺されないといけなかったのか?

今回の映画はユ・アイン(コロ先輩!)が思悼世子の役。
周りも豪華な俳優陣。
みっちり焦点をあてて描かれててるから、
今度こそ何か掴めるだろうかと期待。

……うーん。
やっぱりわからん。

英祖(父親)、モラハラが過ぎる上司。

王様業もう嫌や
 ↓
(とんでもないことでございます。王様お考え直しください、までが一連の様式美?)
 ↓
王様「じゃあ王様代理、息子。俺の顔つぶすなよ。」
 ↓
息子(張り切って)「問題あるところはバッサリ改革!」
 ↓
父(ブチギレ)「俺が何年かかって築き上げたと思てんねん」
 ↓
息子(文句言われるし)「この件はいかがしましょうか?」
 ↓
父(さらにブチギレ)「そんなんも決断できひんなんて情けないやっちゃ!何が王様代理や!」
 ↓
息子(グレる)
 ↓
父「何グレとんねん!米びつ入れてまえ!」

そら、息子もグレるわなぁ。

これは英祖がご乱心なだけやないかと思った。

んー、でも待てよ。
英祖の在位期間はけっこう長い。
そんな誰から見てもご乱心な王様やったら、さすがの家来衆だってなんとかするだろう。

思悼世子のほうが、元から「(精神的に)ご病弱」だったのではないか。
王室的に、歴史的に、そんなことはおおっぴらにできないから、
こういうことにしてあるとか……!?

どやしらんけど。

この米びつ先生、思悼世子の息子がドラマで言うところの『イ・サン』で、
父王(英祖)が『トンイ』の息子です。
そんなことも思いながら見るのも歴史物のワクワクですね。


4575308668謎めいた朝鮮王朝 韓流時代劇の隠された真実
康 熙奉
双葉社 2015-04-21

by G-Tools


4413095375ここが一番おもしろい! 朝鮮王朝500年の舞台裏 (青春文庫)
六反田 豊/解説 韓国ドラマ研究会
青春出版社 2012-04-09

by G-Tools


4575306827悪女たちの朝鮮王朝 歴史を作るのは男より女!
康 熙奉
双葉社 2014-06-18

by G-Tools




posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: