2017年03月26日

[蒐集]招き猫に招かれた - その二十- 素養はあった。


指先サイズの豆招き猫。

小さいときに親戚のおばさんにデパートに連れて行ってもらって、
ワタシが所望したのがこれ。

「え?こんなんが欲しいの???」とめっちゃ驚かれたのをよく覚えている。

この豆招き猫が透明のセロファンにキャンディーの包みみたいに、
愛らしくくるっと包まれていたのだ。






ついでに、座布団付き眠り猫も買ってもらった。

小さいもの好きの素養は昔から。

大きめの招き猫に招かれるのも、ここから始まっていたのだろうか。

そして、
旅行だなんだと、
自分用お土産を物色していると、
「え?本当にそれが欲しかったん!?」と同行者に驚かれ続ける人生であった。


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

[本]『ヴァレンヌ逃亡 マリー・アントワネット 運命の24時間』- 歴史に「もしも」はないと言うけれど

416790165Xヴァレンヌ逃亡 マリー・アントワネット 運命の24時間 (文春文庫)
中野 京子
文藝春秋 2014-08-06

by G-Tools

マリー・アントワネットの話の中で、
首飾り事件に並んでドラマチックなエピソードの「ヴァレンヌ逃亡事件」。

そこだけをクローズアップ。
24時間の出来事を追う。

歴史に「もしも」は無いと言うけれど、
「もしも……」と何回も何回も考えずにはいられない24時間。

これ、映画化とかどうですかね?
追いかける側のラファイエットは、トミー・リー・ジョーンズとかで(笑)

4042082076マリー・アントワネット 上 (角川文庫)
シュテファン ツヴァイク Stefan Zweig
角川書店 2007-01

by G-Tools


4042082084マリー・アントワネット 下 (角川文庫)
シュテファン ツヴァイク Stefan Zweig
角川書店 2007-01

by G-Tools

恥ずかしながら、マリー・アントワネット基本中の基本書のツヴァイク版は読んでないの。
昔、手に取ってはみたけど、岩波文庫だったか、
ものすごい字が細かくて詰まっていてウッ…ってなって。

でも、今回の『ヴァレンヌ逃亡』や、大好きな『怖い絵』の著者の中野京子さんの訳でも出てるみたいだから、
これなら読んでみようかしら、という気分に。

4101123217王妃マリー・アントワネット〈上〉 (新潮文庫)
遠藤 周作
新潮社 1985-03-27

by G-Tools


4101123225王妃マリー・アントワネット〈下〉 (新潮文庫)
遠藤 周作
新潮社 1985-03-27

by G-Tools

昔、ワタシが読んでドハマりしたのは、遠藤周作版の『王妃マリー・アントワネット』。
プリンセスプリンセスの中山加奈子さんだったかな、
好きな本、として挙がっていたから。

406377337Xマリー・アントワネット (KCデラックス モーニング)
惣領 冬実
講談社 2016-09-23

by G-Tools

最近、出たマンガの『マリー・アントワネット』。
惣領冬実さん、というのがまた興味をそそられる。

『ヴァレンヌ逃亡』を始めとする今までのマリー・アントワネットとルイ16世のイメージとは、
ちょっと違う風に描かれている。
歴史の「実は・・・」とか大好き。

4062202727マリー・アントワネットの嘘
惣領 冬実 塚田 有那
講談社 2016-09-30

by G-Tools

そのマンガの制作裏話。
こちらも興味深い。
posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

[音楽]PRINCESS PRINCESS "後夜祭"at 豊洲PITのDVD発売

B01NBOZ1BNPRINCESS PRINCESS TOUR 2012-2016 再会 -FOR EVER- “後夜祭"at 豊洲PIT [DVD]
PRINCESS PRINCESS
SE(SME)(D) 2017-03-08

by G-Tools

1年前?のLIVEなのに、ものすごい昔に感じる。
記憶はあるけど、記憶に靄がかかったような感じ。
そこにいたはずなのに。

1曲目の「19 GROWING UP」が終わって、

「こんばんばー! プリンセスプリンセスじぇーーーす!」

の後に続く「OH YEAH!」のイントロで鼻の奥と涙腺の繋ぎ目みたいなところがチーンとしてくる。

懐かしい「シェイク イット オフ」の後に続く、
「恋に落ちたら」「KISS」「ユー・アー・マイ・スターシップ」のキュンキュンサウンドに、
おしっこをちびりそうになる。

そして、「思い出の隙間」。
大人になったプリンセスプリンセスで、
ぜひとも聴いてみたかったのだ。
もう1回『TELEPORTATION』から焼き直したって行けるんじゃないかというくらい大人っぽい曲。

新鮮な「青春デイドリーム」。

「GET CRAZY!」、ああ、加奈ちゃんと香ちゃんのツインギターなんて、
もう今後見られない貴重なものなのかもしれない。

そう、何よりこの5人で居るという奇跡!!!

そうだった。
客席で、ただただこの奇跡みたいな空気の中で、
もうこのまま時間を止めてくれーと願っていたのだった。
ネガティブな気持ちではなくて、
最高すぎる瞬間を瞬間冷凍、みたいな。

常にアイコンタクトや笑顔を交わしていて、
本当に楽しそうに演奏している。

プリプリだからピンクでしょー、
とDVD版を買ったけど、
なんか、素晴らしすぎてもう1枚欲しくなってきた。
1回見たら使い捨てのソノシートではないんだけど。
なんだろう、この気持ち。

水色のBlu-ray版も買っちゃう???

B01N7MIRN8PRINCESS PRINCESS TOUR 2012-2016 再会 -FOR EVER- “後夜祭"at 豊洲PIT(Blu-ray Disc)
PRINCESS PRINCESS
SE(SME)(D) 2017-03-08

by G-Tools


追伸:特典映像のドキュメントがまた良い。
連続して繰り返し見てしまった。

上記でキュンキュンサウンド、と騒いでいた辺りの追加曲選びの様子が納められていて。
「きょんちぁんの一存じゃん」ってつっこまれながら、きょんちぁんがリズムの仲間分けで並べかえたり。

「ヴァイブレーション」とか懐かしい!
自分のコピーバンドの練習風景を思い出す。

きょんちぁんが「ユー・アー・マイ・スターシップ」の間奏のドラムのオカズ部分に苦戦している姿も。

ドキュメントになると、とたんにきょんちぁんが面白いのよね。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

[映画]『太陽の下で -真実の北朝鮮-』- ノン・フィクション、壮大なるフィクション?

201703041.jpg

最近のワタシは、
中の人からの視線が知りたいシリーズ、なのかな。

ドキュメント映画、ということなので、
特段のオチもなく、
だからといって驚きもなく。

もうそういうの(?)、
当局が演出つけてるとか、も含めて、
そう見せたい側がそのように作ってるから、
全部込みでフィクションなんじゃないか?って、
壮大なる伏線も考えたくらい、
何度も何度も枕詞に「敬愛なる〜」が言葉に出てくる。

驚いたのは、公開初日ということもあってか、
「エピソード7」「ローグ・ワン」のSTAR WARSよりも観客の入りが多かったこと。
ニュース的にもタイムリーだったからね。

201703042.jpg

タイトルのロゴがハングルみたいだけど、
よーくみたら「UNDER THE SUN」って書いてある!
なんかオシャレ。


いつの時代も歴史は男と女のワザ↓
4166610767女が動かす北朝鮮 金王朝三代「大奥」秘録 (文春新書)
五味 洋治
文藝春秋 2016-04-20

by G-Tools


社会体制の問題だったら、この映画がおもしろかった↓
B00FIVGRF8グッバイ、レーニン! [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2014-01-10

by G-Tools


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする