2019年05月13日

[手仕事]コットン毛糸で靴下 - つま先から編む方法に挑戦!

FxCam_1556464360820.jpg
靴下編み、はまっております。

ついに「つま先から編む方法」にも挑戦してしまいました。

この本を参考に↓
つま先から編む かんたん、かわいいくつ下 (Handmade Life Series)
つま先から編む かんたん、かわいいくつ下 (Handmade Life Series)

FxCam_1547997032882.jpg
まずは、つま先!

なんだかいきなりクライマックスが来た感じで。

理解するまでに、何度もほどきました。
やり直して、しばらく編んでからも、やっぱりおかしいなと思ってはほどき……を繰り返して。

FxCam_1547998482972.jpg
2段目まで出来たところ。

今までの靴下編みは、棒針5本でやっていたので、
「輪針」「2本」で、の仕組みが新鮮。
(編み終わったら引っ張って、とか、針に戻してとか。)
棒針5本あろうが、編んでいるところ意外はどうせお休みしてるんだから、
結果、やっていることは同じなんだろうけど、
考えた人すごい。

FxCam_1548084579393.jpg
ウヒョー!
つま先になってきたーーー!
ここでもうすでに感動。

FxCam_1548084629896.jpg
編み始めが、なんだかこう、つるっと「面になる」って、新鮮。

FxCam_1548126980684.jpg
あ、申し遅れましたが、この毛糸、
編んでいくとスイカの模様が出てくるデザインになっていまして、
スイカです。分かるかな?
コットン素材なので、触り心地もサラッとしていて、
春の季節にいいかな、と冬から編み始めておりました。

FxCam_1548566188634.jpg
「いきなりクライマックス」のつま先さえ済んでしまえば、
後は、かかとまでズドーンと編み進むばかりです。

FxCam_1548594966714.jpg
いざ、かかと。

わりとシンプルに目を増やして減らしてのタイプなのですが、
なぜだか辻褄が合わず(どこかで1作業抜かしている)、
これまた何度かほどいてやり直し。

FxCam_1548594984889.jpg
かかと完了で、折り返し地点。

あとは足首部分をズドーンと編み進んで。

FxCam_1549038747783.jpg
じゃん!
片足、完成。

履き口は、本に載っていた「jeny式伏せ止め」という方法でやりました。
普通に綴じ針でやっていく方法が、「基本」の方法で紹介されていたんだけど、
針と糸(といってもたかがしれてるけど)をできるだけ避けたい(苦手意識)、
「jeny式伏せ止め」だと、糸を切らずに、編む延長で留めていける、
そして、なにやら、jeny式だと、普通の伏せ止めよりも伸縮性があるらしく、

「ジェニーさんの驚くほどよく伸びる止め方(Jeny's Surprisingly Stretchy Bind-off )」

なんて魅力的な名前で紹介されていたりする。

でもまぁ、仕組みが分かるまでは、本の説明ではすぐには理解できなくて、
写真を穴が空くほど見たり、何度もやり直したりの悪戦苦闘。
分かってしまうと、なんのことはない作業。

FxCam_1549038788059.jpg
かかと側はこんな感じ。

FxCam_1550214849432.jpg
もう一個を同じように編んで、両足分完成。

FxCam_1549038677490.jpg
履いてみた感じ。

「つま先から編む方法」の利点に、つま先部分がゴロつかない?というのがあるらしいのですが、
どうでしょうか?
実戦?で履いていないので、まだよく分かりません。


FxCam_1550290547689.jpg
早速、「次いってみよー!」ってことで、
キウイの柄になる毛糸でも挑戦!

FxCam_1550820138201.jpg
今度は、透かし模様に挑戦なのだ!
どんどん、模様が出来ていくだけで嬉しい。可愛い。

(けど、間違えた時に、戻るのがものすごく大変。
模様がある分、段数を数える目安になって良いのだけれど。)

FxCam_1551451540660.jpg
片足完成!

本の表紙になっている模様編みと同じなんだけど、
段染め毛糸だとまた雰囲気違って良い感じ。
「葉っぱの透かし模様」なんだけど、
キウイ色ということもあってかとても良い。

FxCam_1551451578046.jpg
横向け。

FxCam_1555408845468.jpg
模様編み、左があるということは、右もあるということだ!

同じ編み図を反転させて編まないといけない。
模様がくるところをずらすだけなので、そんな大したことではないけど。

FxCam_1556464232209.jpg
両足分、完成!

FxCam_1556464304865.jpg
横向け。

急にペースダウンしてたので、
わりと時間かかりました。
その理由は…………

インターネット不調から、Switchでスプラトゥーンが出来ない!
 ↓
オンラインでなくてもできる、積みゲーにしてしまってた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』やればいいんじゃない?
 ↓
案の定ハマる。
 ↓
オンライン気にしなくていいから、時間帯も気にしなくて良い。
 ↓
めっちゃハマる。
 ↓
すき間の時間が全てゲームに……


あな、おそろしや。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

REGIA 靴下用毛糸 COTTON Color Tutti Frutti 2 02421
価格:1728円(税込、送料別) (2019/5/4時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

REGIA 靴下用毛糸 COTTON Color Tutti Frutti 2 02424
価格:1728円(税込、送料別) (2019/5/4時点)





posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

[手仕事]手編みの足袋型のソックス

FxCam_1547992849648.jpg

靴下を編んで余った糸で、
ちょこっと何かいいことできないかなぁとやってみました。
足袋型の靴下。
透かし模様入り。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

作品♪215ss-18タビソックス
価格:0円(税込、送料別) (2019/4/13時点)



↑今回、こちらの編み図を参考にさせていただきました。

FxCam_1547004539103.jpg
履き口から5本針で編みます。

足首部分短めなので、いきなりかかと部分に突入!

FxCam_1547131463783.jpg
いままでとは違うかかとの編み方なので、
もういきなりパニック!

何度もほどきながら、
目を拾うところに執念のマーカー!
「どやっ!これで間違わへんやろ!」

FxCam_1547093384342.jpg
かかとこんな感じにおさまりました。
よしよし。

FxCam_1547441333357.jpg
ちょっと靴下編みも慣れてきたからって、
透かし模様入りに手を出すかつおさん。

なかなかに毛糸の色合いとも合って、
リズムが出て楽しい。

模様入りで編むのは初めてかもしれない。
段数を数える目安になって良い、という利点もあるけど、
途中で間違ってた時の絶望感ったら……。

これも何回かは解いています。
一手ずつ戻れば確実なんだろうけど、
「イーッ!」ってなって、ドバーッと解く。
で、ヘロヘロに神経を削りながら拾い目をして…………ふぅ。

FxCam_1547387932359.jpg
いよいよ、「足袋」の指部分に突入!

この編み図、すでに相当の編み物経験者向けなのか、
かなり省略(合理的に)して書いてあるもので、
減らし目の場所と数も数字で表記してある。

たとえば、
 一段平
 2−1−4
 1−1ー1
といった感じ。

初見ではなんじゃらほい?状態で、
これまた何回もほどきながら格闘。

あ、ようは、ここに小さな「帽子」を作るべく、
先をすぼめていけばいいんだろうけど。
(帽子もたいがい適当に始め過ぎて、最後の帳尻が合わなくなって格闘してるけど。)
まぁ、足袋だから、できれば足なりにきれいにすぼめたい。

FxCam_1547447515472.jpg
で、こんな感じ。

もちろん、数字の謎も調べながら進めたさ。
インターネットの時代、便利。

FxCam_1547467417233.jpg
足袋の親指側もなんとかすぼめて、ゴール!

FxCam_1547467458542.jpg
足底の裏はつるんとしています。

もう片方は、指の部分は今度は左右反転させて作るのね。
面倒だな、足袋。
(靴下はずどーんとしたのをもう一個作ればいいだけだからね。)

FxCam_1547992901970.jpg
はい。
できました。

糸の残量と相談しながら、かなりギリギリで、
ドキドキで進めました。

FxCam_1547992849648.jpg
実はオレンジ系の段染め毛糸と、青系の段染め毛糸、
2種類の余りを使っているんだけど、
系統が似てるので、良い感じでしょ?(自分で褒めとく。)

もうちょっと毛糸に余裕があれば、
足首〜かかとのところを青系に揃えておきたいところ。
最初は指だけ青系、とかにしようかとも考えてたけど、
そこは余り糸、うまくいかないのです。

FxCam_1547747676956.jpg
この糸の色合いと、
透かし模様の具合に、我ながらうっとりです。

FxCam_1547747701953.jpg
横から見るとこんな感じ。

FxCam_1547467480912.jpg
かかとは、三角パイみたいなこんな感じ。

FxCam_1547992953997.jpg
裏側はこんな感じ。

はぁぁん。
我ながら、色合いが好きすぎる。
うっとり。


お粗末さまでした。


手編みのソックス
手編みのソックス

こちらの本にも、足袋型ソックスの編み図が載っていました。
基本、他で靴下を編んだことがある、とか中級〜向けか。

靴下って結局、「かかと」と「つま先」をどうするのか、の組み合わせだけで、
「つま先」を足袋型にしたいなら、
途中で糸を休めておいて、小さな帽子を二つ作る、ってだけなんだけど、
やっぱり初心者には丁寧な説明が欲しい。
丁寧な説明がされていても、本によって「クセ」みたいなのがあるので、
同じ現象のことでも、違うニュアンスで説明されていると混乱するね。

カンタンかわいい!  かぎ針で編む 足袋ソックス&ぞうり (アサヒオリジナル)
カンタンかわいい! かぎ針で編む 足袋ソックス&ぞうり (アサヒオリジナル)

もう棒針を諦めて、かぎ針にしちゃうか。
かぎ針のほうが「立体物」は簡単かもしれない。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

addi 超軽量両先5本組針204-7 15cm(0号−5号)【ネコポス便対応】
価格:1782円(税込、送料別) (2019/4/13時点)



↑まだ実戦(!)で使ってないんだけど、
ついぞこれも買ってしまいました。

今まで竹だったので、金属針って使い心地どうなのかな〜?と心配だけど、
色がカラフルなだけで、
もう見ているだけでテンションが上がるお道具。
うひひ。



posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

[映画]『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』- 駆け込み需要で買っちゃったじゃない

KUBO/クボ 二本の弦の秘密 3D&2D Blu-rayプレミアム・エディション(2枚組)【初回生産限定:特製アウターケース+ブックレット付】
KUBO/クボ 二本の弦の秘密 3D&2D Blu-rayプレミアム・エディション(2枚組)【初回生産限定:特製アウターケース+ブックレット付】

さすがに家で3Dでは見られないけど(そんな設備あるわけない!)、
「吹替版と字幕版と見比べたい!」
「メイキングとか特典映像の部分が見たい!」の念からこの豪華なバージョンが欲しいなぁ、
でもちょっとお高いなぁ……とずっと迷ったまま、
ほしいものリストには入れていいました。

「クワガタ」の吹き替えの声がピエール瀧さんだったもので、
ニュースになって「すわ!」(これから入手困難になったら大変!)と購入ボタンをポチッとなとしてしまいました。

中古なんですけどね、
前に見ていた時より意外にお安くなっていたのと、
これから駆け込み需要でこの値段では無くなってしまうだろうな、
というギリギリの分岐点ところで買えてよかった。

クワガタの声が誰か、なんて、
エンドロールで見るまで全く気付かなかったし、
他の吹替えの声優陣も言われないと気付かないくらい、
それくらい、違和感なく、
ストーリーに没入できるくらいに自然なので、
本当に良くできています。

FxCam_1553349731814.jpg
豪華ブックレット付き。
(サルおじさんも一緒に撮影!)

早速、字幕版を鑑賞。

しょっぱなのクボのセリフ、
吹替版(日本語)だと、

「瞬きすら してはならぬ」

もうこれで始まる三味線の音だけでもしびれちゃうんですけどね、
字幕版(英語)だと、

"If you must bilnk, do it now”

なのね。
無理に日本語訳すると、
「瞬きするなら 今のうちだ」。

なるほど、ニュアンス違う。
英語ネイティブの人が聞くとどういう感じなのか、
細かな機微までは分からない。
最初に日本語で気に入っちゃったから、
日本語のセリフのニュアンスでいいやん、とも思う。

だがしかーし!
メイキングシーンなどの特典映像を見た後は、

"If you must bilnk, do it now”(瞬きするなら 今のうちだ)

のセリフは、
クボが語り聞かす昔話の始まりの枕詞(むかしむかしあるところにみたいな)だけではなく、
「全編ストップモーションで撮影してるので、細かなシーンをも見逃さないように!」といった、
制作側にも目をむけたダブルミーニングとして考えると、
すごく意味のある最初のセリフのように感じてくる!!!(ちょっと大げさか)


メイキング映像、衣装とかもそうか、全部作ってるのか!
刺繍してるのか!と感心するところ多しなので、
モノづくりが好きな人、フィギュア写真撮るの好きな人にはオススメ。
ワタシの好きな折り紙部分についての言及があんまりなかったような……。
もうちょっとストップモーション撮影風景をじっくり丁寧に見せてくれても良いような。
(目玉の説明はもう分かったから!みたいな)


ワタシは特別ストップモーション映画が好きってわけでもないけど、
『チェブラーシカ』や『ミトン』も大好きだったわ。
(KUBOは全然、次元が違うから!)

チェブラーシカ [DVD]
チェブラーシカ [DVD]

ミトン (通常版) [DVD]
ミトン (通常版) [DVD]

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

[音楽]そんでもってPSY・Sが今、マイブームです。

マイブーム…………これも死語なのか………?

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -VOCAL COLLECTION-(期間生産限定盤) - CITY HUNTER
劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -VOCAL COLLECTION-(期間生産限定盤) - CITY HUNTER

本当にしつこいけど、
『劇場版シティハンター〜新宿プライベート・アイズ』の何が良かったかって、
「そうそう、そうなのよ」と、上手に当時のままを出してくれたからなのよ。

 「ラーメン屋で、ラーメン頼んだら、ラーメン出てきた」

なんて感想がどこやらのSNSでも流れてたらしいけど、
ほんまそれ!(←今風)

これは、なかなか難しい塩梅で、
観客に「なーんや」とガッカリされる場合もあるし、
反対に奇をてらいすぎて、
「変えすぎてて違う!」と怒られる場合もある。

まぁ、このあたり、

PRINCESS PRINCESS TOUR 2012~再会~at 武道館 [Blu-ray]
PRINCESS PRINCESS TOUR 2012~再会~at 武道館 [Blu-ray]

プリンセスプリンセスが、2012年の武道館で見事に「あぁ!プリプリがいるーーーー!」(←感動のあまり語彙力が乏しい)と
させてくれたのがワタシの中ではトップなんですけど。

全く変えずに、(もちろんいろいろな細かいところは現代のアレを使って、だけど)
変にキーを変えたり、タメを作ったり、アコースティックバージョン!とかアレンジを変えたりしないで、
1996年までのブランクが無かったかのように、
目を閉じて開けたら「続き」のプリンセスプリンセスがそこに居た!みたいな。

長くなるしやめとこう。

シティーハンター dramatic master - ARRAY(0x10b688c8)
シティーハンター dramatic master - ARRAY(0x10b688c8)
 ↑
こちらのドラマCDだと、少しセリフは入るものの、
曲内容も『劇場版シティハンター 新宿プライベート・アイズ』とほぼ変わらず、
なんならPSY・Sの「EARTH 〜木の上の方舟〜」も入っていてお得。

そう、ちょっと車で遠出する用があって、
これらのシティーハンターのサントラ聞きながら車で走っていたら、
本当に気持ちいいの。

「FOOT STEPS」(北代桃子)なり始めてからの、高速追い越し車線出るときなんかもう!
(安全運転で!)


NON-FICTION - PSY・S
NON-FICTION - PSY・S
PSY・Sの『NON-FICTION』は本当に「アルバム」として良く出来てて、
グルグル回して聴ける。
全然飽きない。

これぞ「アルバム」!という感じで、
シャッフルしたり、プレイリストでばらして聴いてはもったいないくらい。
昔、MDにダビング(!)した時ですら、
謎の空白時間を作られてしまって、
「それはやめてぇぇぇ」と思ったくらい。

PSY・S活動期の当時は、
まぁ、プリプリにぞっこんだったので押して図るべしですが、
それ以前に、「やっぱり音楽は、人間が楽器をやってこそ!ファジー感があってこその音楽!」と頑なに思っていたわけで、
(ファジーも死語?)
こういった機械で作られた、完璧な音楽は邪道というか、
耳が全然受け付けなかったの。

それがどうだ、
今や、人間が楽器……どころか、
人間の言葉でもない歌詞で歌ってる音楽をガンガン聞いて悦に入ってますけどね。

一応人間が楽器を演奏する場面もあるけど、
3Dホログラムと合わせて演奏してライブやってるから、
もうビチビチに合わせた精密な演奏になってるわけですが。↓

Splatoon2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Splatune2- - スプラトゥーン2
Splatoon2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Splatune2- - スプラトゥーン2

SPLATOON2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Octotune-(初回生産限定盤) - スプラトゥーン2
SPLATOON2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Octotune-(初回生産限定盤) - スプラトゥーン2


昔のCDを引っ張り出して聴いてみると、
最近のと比べると、どうも音量が小さいというか、
音圧が足りない???というのか、
もちろんボリュームをいっぱい上げたら同じように聴けるけど、
なんとかならないのかなぁ?といろいろ見てたら、
松浦雅也氏、ご本人によるリマスタリング盤が出ていたのを発見!↓

NON-FICTION(紙ジャケット仕様) - PSY・S
NON-FICTION(紙ジャケット仕様) - PSY・S

これは評判もなかなか良さそうだし、良さそう!と思ったら、
過去作なので、なかなか中古も出回っていない。
ぬぉぉぉ!
「無い」となったとたん「ヨーイドン!」がかかってしまう、かつおさん。

レンタルでやっとみつけて、聴けた。
うんうん。良いぞ。

え、でもなんか「盤」が無いと、不安じゃない?
今の子はどうしてるの?
手元に残さないの?
消えたら、本当に消えるよ?
(PCもスマホも何度か経験済。)
配信つったって、
配信元が「やーんぺ!」ってしたら、あっけなく無くなっちゃうよ?

うーん、イマドキのことは分からないけど、
とにかくワタシは不安なので、モノが手元に欲しい!
この盤、絶対欲しい!

Psyclopedia - PSY・S[saiz]
Psyclopedia - PSY・S[saiz]

そんでもっていろいろ探していると、
過去作全部のリマスタリングのBOX版も出ていました。
すごい。

そこまでぞっこんのファンじゃなかったけど、
すごく気になる。聴いてみたい。

これまた探して、レンタルで聴くことはできた。
え、手元に無いと不安じゃない?
(……以下繰り返し。)


リマスタリング具合は、本当に良くて、
リマスタリングでこんなに成功しているのは初めて聴いたかもしれない。

いや、プリプリなんて、
原盤を聴き込み過ぎてたのか、
「レコードのこもった音が……」とか言い出すオジサマみたいに、
「これはちがーーーう!」ってリマスタリングになってしまって、
一瞬で聴けなくなったもの。

原盤の聴き込み具合にもよるのかもしれないけど、
レビューなどを見ていると、
昔からのファンの方もなかなかに良い評価なのだからそうなのでしょう。

「ANGEL NIGHT 〜天使のいる場所〜」だけに関して言うと、
ギターの音がちょっと小さくなってしまったような気がしないでもない。

GOLDEN☆BEST/PSY・S[s iz]SINGLES+(シングルス・プラス) - PSY・S
GOLDEN☆BEST/PSY・S[s iz]SINGLES+(シングルス・プラス) - PSY・S

↑このベスト盤も、全部音がはっきりしていて良い。
シングルを中心に集めているから、全体的に元気はつらつ!な曲が多め。
『NON-FICTION』とかのアルバムを聴く感じとはどうしても違ってしまう。

TWO HEARTS - PSY・S
TWO HEARTS - PSY・S

↑これは前半期のベスト盤。
なんかジャケット絵がすごい懐かしく愛おしく感じるのはなぜだろう?
当時よく目にしていたからか?

曲内容的にはちょうどいい感じで、
PSY・Sのポップさってこういう感じね、と知るのにはちょうどいいかもしれない。
でも、「アルバムとして聴くのがー」のワタシとしては、
全部曲調が違って主張してくるから、
当時も全然聴けなかった。

ちなみに「全部曲調が違う」というのは、
アルバム毎に新たなチャレンジをしている`PSY・Sへの褒め言葉として、ね。

当時も、ポップス音楽に一家言ありそうな人は、
このベスト盤のアルバムを持って、推していたような記憶。
よく知ってる人だったんだな。(今頃)

今は聴けるようになったので、
新たな発見。
このベスト盤にも収録されている、「電気とミント」がめちゃめちゃ可愛いではないか!

で、収録アルバムにも進む↓
こうして、芋づる式にマイブームが熱病のようにやってきます。
Mint‐Electric
Mint‐Electric

Mint-Electric(紙ジャケット仕様) - PSY・S
Mint-Electric(紙ジャケット仕様) - PSY・S


熱病ついでに、ライブDVDまで見ちゃったもんね。
LIVE PSY・S NON-FICTION TOUR ’88-’89/PSY・S 4SIZE [DVD] - PSY・S
LIVE PSY・S NON-FICTION TOUR ’88-’89/PSY・S 4SIZE [DVD] - PSY・S

南流石さんのダンサー振り付けが入っているんだけど、
そちらが気になって気になって、音楽が入ってきません!状態。
これ、今風に自由に演奏して歌っていたらどんな感じだったんだろうねぇ、と思いを馳せる。

松浦氏とか後ろの演奏者の手元ももうちょっと映してほしい感じ。


PSY・S、シティーハンター直後効果なのか、
根強い熱いファンがいるのか、
モノによっては中古でも全然値段が下がっていなかったり、
出回っていなかったり、で、
マイブームの人多いんじゃない?という感触です。


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

[手仕事]スライムタワー(お正月Ver.)を編んでみたよ。

IMG_20190109_233858_103.jpg

お正月ついでに。

ドラクエが3D風?になって以来、
画面に酔いどうしても進めなくなったゆえ、
スライムタワーが出てくる「ドラゴンクエスト」を実は知らないのですが、
どうやら、縦に3つ乗っかっているのがいる。

スライムは可愛い。
鏡餅の配色にして作ってやろう!と。

FxCam_1546500069723.jpg

球体を編めばいいので、ザクザク進める。
余りの毛糸で始めたので、かなり心配。

何ができるのかな〜

FxCam_1546786373020.jpg

あとちょっと!で白が足りなくなって、
結局ちょっと違う白の毛糸を継ぎ足したけど、
まぁ分からないでしょう。

FxCam_1546875195502.jpg

出来ました!

スライムのツノ?部分もしっかりね。

FxCam_1546875350759.jpg

コイツ……立てるのか……?

中身に綿だけでなく、
一番底にペレットを入れたので、自立できます。

_20190108_212300.JPG

目が付いたら、何か分かってきたかな???


FxCam_1547885506528.jpg

頭に葉っぱと、口も付けて出来上がり!

単純な顔だけに、目の位置や距離が意外に難しかったので、
本物?のスライムの画像なども参考にしながら。

IMG_20190109_233858_103.jpg

めでたい感じに。


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

[手仕事]お正月飾り遊び

_20190101_121507.JPG

紅白でめでたい感じだったので、
鏡餅に失礼して、タコトルーパー(オクタリアン)を。
オクタリアン(消毒済)も添えて。


IMG_20190101_131259_999.jpg

ついでに、お餅っぽいアイツ、
BB-8も載せちゃえ、と、こちらもお正月風情で。


お遊びでした。


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

[映画]『22年目の記憶』- 不覚にも涙が。『リア王』も出てきます。

FxCam_1550731133005.jpg

また気分的には『シティーハンター』でもよかったんだけど。
(↑しつこい)
今月は映画月間のです。


韓国で南北首脳会談のリハーサルが行われたという記事に着想を得た22年に渡る父子の物語。1972年、南北首脳会談に向け、韓国は北朝鮮の最高指導者・金日成の代役を選抜。選ばれた役者のソングンは、役に没頭し、自分を金日成だと信じ込んでしまう……。出演は「殺人者の記憶法」のソル・ギョング、「天命の城」のパク・ヘイル。


今回は『22年目の記憶』。
原題は「私の独裁者」。
観た後で思うのは、原題のほうが、映画の内容をよく表して、分かりやすいかもしれない。

と、いうのも、全く、不覚にも、想定外に、
最後のほうには涙が溢れてしまっていたから。

『殺人者の記憶法』で観た、ソル・ギョングさんが、
大根役者で、金日成の役をやることになって……くらいまでしか前情報を入れず、
映画途中の、密室空間での拷問状態に近い演技指導を見ていても、
なんか政治的な(歴史の裏側的な)アレなのかなぁ?と思ってた。

が、真ん中から後半は、全くもってヒューマンドラマ。
こっちがこの映画の本編だったのか!ってくらい。

これはとんでもなく父役であるソル・ギョングさんが「困った人」として演じて、
観客全員そう思って振り回されて……という演出あってこその、
息子からの目線で、感情が持って行かれる仕組み。

まぁ、冷静になると、
この父親は、不器用とはいえ、好き放題やってズルい、
そして、時々正気になって大事な思い出を思い出してズルい(切るに切れない!)、とは思う部分もあるけど、
最後に息子が「全部、大丈夫」といったセリフを言うシーンで、
全部救われるからね。


映画序盤、劇団でやってる作品は『リア王』。
リア王も親子(父と娘)の話だし、次第に狂気にとりつかれるのもあるし、
映画のテーマとリンクしているのかも。

第一幕第四場

リア王:
このなかに誰かわしを知っているものはおるか。これはリアではない。
リアの歩き方ではない、リアの喋り方でもない、目の輝きも違う。
リアの気持ちが弱ったか、知覚が鈍ったか。
本当に目覚めているのか。そうではないだろう、
わしが誰だか、言ってくれるものはいないのか。

道化:
リアの影だ。


LEAR
Doth any here know me? This is not Lear.
Doth Lear walk thus, speak thus? Where are his eyes?
Either his notion weakens, his discernings
Are lethargied−Ha! Waking? 'Tis not so.
Who is it that can tell me who I am?

FOOL
Lear's shadow. (1.4.231-237)




そしてなんといっても「ヤギ」!
ヤギがいいアクセントとして効いています。
ヤギ飼いたくなる!


映画『22年目の記憶』公式サイト - FINE FILMS
http://www.finefilms.co.jp/22nenme/


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする