2020年01月26日

[映画]『パラサイト 半地下の家族』- 意外な展開

FxCam_1579236893650.jpg

しつこいけど、風邪のせいで、
いろいろ予定が狂ってまだ「エピソード9『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』」も観に行ってないというのに、
先に気になるから観ちゃいました、『パラサイト』。

原題『기생충(寄生虫)』。

ワタシのなかではタクシー運転手だったり、上王様だったりの、
ソン・ガンホ氏が出てるっていうからさ。

『屋根部屋のプリンス』の黄色君のチェ・ウシクくんも出てるし。

やっぱり面白い!
どうなるの?と引き込まれて見てしまう。
ストーリー展開の作りがうまいし、
半地下の窓からの景色と、
丘の上のお屋敷の窓からの景色の対比とか!

そして意外な展開にもビックリさせられるし。

良き時間を過ごせました。

映画『パラサイト 半地下の家族』オフィシャルサイト
http://www.parasite-mv.jp/


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

[展覧会]「みんなのミュシャ展」にすべり込み!

FxCam_1578640481668.jpg

12月アタマに風邪をひいてずっと治らないもんだから、
いろいろと予定がずれる。
ちょっと頑張ってなんとか行けるかな?と思ったけど、
やっぱり咳がゴホゴホ出るし、集中して見られないかと、
開催期間終わり近くにやっと滑り込みの「みんなのミュシャ展」。

昔は、なんだかいかにも“オシャレ女子”が好みそうな絵で、
あざとく感じて、
嫌だなぁと思っていたけど、
3周半くらい回ってやっぱり好きかもしれんよね、
と観に行ってみることに。

DSC_0406.JPG

イマドキの展覧会は、スマホでお写真どうぞ、のコーナーも作ってある!
まぁじゃあ、せっかくなので。

DSC_0405.JPG

DSC_0407.JPG

↑これ、ハムレット!
背景に父王の亡霊がいて、
足元の横たわった青い女性はオフィーリア。
デッサンの習作とかも展示されていて、
つくづく「あぁ、私が絵を描ける人になりたかったなぁ……」と何度も思わされた。
いや、普段にそんなに熱望してるわけでも、過去に絵描きに憧れたわけでもないけど、なんとなく。

「みんなの〜」と銘打ってあるわけは、
ミュシャからいろいろ影響を受けて派生したモノたちも一緒に展示してあるという興味深い趣向。

そう、ミュシャの構図とかって、
アメリカの60年代〜のロックのレコードジャケットとかポスターとかに使われてる(流れてる?)のよね。

あと、日本の文学、与謝野晶子とか明治時代の文学雑誌『明星』とか。
日本の漫画にも、ということで、
山岸涼子さんの『日出処の天子』のもまたここで出会えるとは!

あと、アメリカンコミックスの表紙にもバチバチに影響が流れていました。

なかなか面白い展覧会でした。


FxCam_1578651033919.jpg

と、いうわけで、
何においても、グッズなワタシ。
またしても、クリアファイル!!!

手前の3つはチケット等を入れるファイル。
美しい!

FxCam_1578747500957.jpg

だって、中までこんなに美しい模様が入ってるんやで!
(知らんがな)

FxCam_1578747384796.jpg

そんでもって、A4サイズのこれは、
手触りがマットで、スベスベととても気持ちいいのよ!
(知らんがな)

FxCam_1578747565998.jpg

このA4サイズのクリアファイルなんて、
外側もなんかキラキラしてきれいだなぁと思ったら、
内側が銀色のメタリックなんだから!
(知らんがな)


今回、「好きかもしれんよなー」とミュシャ展に行ったのは、
山田章博氏の微細に書き込まれた絵が好きだから。
ま、「十二国記」つながりなんだけど。

FxCam_1578737636927.jpg

↑以前のカレンダーだけど、ずっと飾ってるもんね。

今回の「みんなの」に含まれてなかったのが不思議なくらい。


↓今のところ踏みとどまってるけど、
あと一押しで買ってしまうであろう画集。

久遠の庭 「十二国記」 画集 (第一集)
久遠の庭 「十二国記」 画集 (第一集)

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

[舞台]『新作歌舞伎 風の谷のナウシカ』

FxCam_1576805105406.jpg

行ってきましたよ、ナウシカ歌舞伎!
新橋演舞場!

12月のアタマからおかしな風邪をひいてしまい、
ナウシカ歌舞伎の東京遠征までに治るかヒヤヒヤしながら。
完全には治らず、咳がまだやばい状況でしたが、
なんとか無理しなかったら旅には耐えられるだろう、くらい。

ナウシカ歌舞伎も公演が始まってすぐくらいに、
尾上菊之助さんがトリウマ(カイ)から落ちて怪我をされたってことだったから、
すごい心配だった。

FxCam_1576805160240.jpg

問題は、ナウシカ歌舞伎そのものが、
昼の部、夜の部遠しで見ることにしているので、長丁場!
耐えられるのか、ワタシの腰は……と腰の心配。

FxCam_1576521286127.jpg

早い時期から、いろいろと迷走してましたけど、
今日のピアスはクシャナ殿下仕様で!

理想の形のパーツを探し当てるのってけっこう大変なんですよ。
見つけても入手不可だったりするし。
パーツ沼。

グッズもバンバン売り切れていて、
ああーん、って感じでしたけど、これらは通販で頼めるってことなんで、
親切。安心安心。

FxCam_1578734709740.jpg

ゲットしたのは、クリアファイルと、
目の赤い王蟲が、砂漠をツーっとキラキラのラメと一緒に動いていくボールペンと。
なんか、シュール。


クリアファイルって薄いし場所取らないし、
使えるし、いいよねーっって言い訳しながら、
結局使えてないクリアファイルがわんさかあるんだよねーーー。

FxCam_1576806691305.jpg

座席はまりにら姉のご協力を得て、
昼の部はすんごい前の席で!
感謝!

昼の部は、オープニングで、うわーっナウシカの世界だーって込み上げて来て、
水を使った派手なシーンもあったので、
この席はすごい迫力があってよかった。

ユパ様役が尾上松也さんで、
ちょっとイメージより若いけど大丈夫?と心配したけど、
なんとユパジャンプ!もあってかっこいいのなんの。
一気に気持ちを持って行かれた。

そして美しく気品に溢れるクシャナ殿下。

FxCam_1578734787492.jpg

あれなんですね、
歌舞伎って「ブロマイド」売ってるんですね。
なんか宝塚みたい?と思ったけど、
そもそも歌舞伎の浮世絵(役者絵)とかあったんだから、
それもそうか。

買ってどうするのさ?って考えてたけど、
飛ぶように売れているのを見てたら、
なんか気付いたら買ってしまってましたよ、クシャナ殿下ばっかり。

DSC_0395.JPG

細かく休憩が用意されているので、
その間の幕がナウシカのタペストリー。
すごく良い。

FxCam_1576817233253.jpg

休憩時間に、絶対小倉もなかアイスを食べる!と決めてゲット。
おいしい。

FxCam_1576826099440.jpg

夜の部は、これまたまりにら姉のご協力とおすすめにより、
花道近くの良席に!

すぐ近くをクシャナ殿下が通って行かれるんですよ!

だんだん、もう、あんたら、花道使いたいだけやろ!ってつっこみたくなる演出で、
花道近くは大サービスでした。


『新作歌舞伎 風の谷のナウシカ』は、
アニメ映画版ではなく、原作のほうの『風の谷のナウシカ』をされるっていうことで、
長い話だけに、ちょっとシーンを追うだけ、な感じもあったけど、
後半の「墓所」もしっかり描かれている。

その大事な大事な「墓所」のシーンくらいから、
それまでの疲れが襲ってきたのか、
少し眠気が……
なんならここだけでも観たいのに……

2月から全国の映画館で、ディレイビューイングというのもあるので、
(イマドキこんなのがあるのね!)
映画と思うとちょっとお高いけど、
おさらいと大事な後半をもう一回見てみようなかぁ。

新作歌舞伎 風の谷のナウシカ 公式ウェブサイト|松竹
https://www.nausicaa-kabuki.com/



せっかく東京に行くのだから!
ゲームグッズの殿堂と化した渋谷PARCOにも行こう!と。

渋谷なんてオシャレな若者だらけで怖いのかな?と思ったら、
渋谷PARCOのおかげで、オタクでも安心して行ける感じでした。
(いや、浮いていたかもしれんが。)
昔々の渋谷とは全く変わっていたので、
駅から出るだけでもちょっと迷ったよね。

FxCam_1576734982296.jpg

ドーン!
イカちゃん!

Nintendo Tokyoは入場制限がかかっていて、
テーマパークのようにちょっと並んだけど、
全然気にならない程度で。

FxCam_1576736020349.jpg

しずえさんもいるし。

FxCam_1576736003556.jpg

ゼルダのリンクもいるし。

FxCam_1576737592201.jpg

もちろんマリオもいます。

FxCam_1576735026290.jpg


スプラトゥーンの靴の箱(売り物です)だけでも、なんておしゃれなの!

俄然、スプラトゥーンのグッズ狙いなんですが、
これまた、バンバン売り切れていて、
「はー、売り切ればっかりで(散財せずに)助かるわー。」(棒読み)
と思っていたのに、レジに行ったらそこそこの金額になっててビックリするというおそろしい世界。

FxCam_1576746831913.jpg

中身が見えないタイプの売り方のヤツで、
ラムネ缶は出たらいいな、と思っていたタコガールとオシャレなスプラトゥーン模様が出たのでよかった。
ラバーキーホルダーはかぶってしまったよ。
ちょっとガサガサ振ってみたのに。

FxCam_1577349871314.jpg

あとは、またしてもクリアファイル。
タコちゃんのグッズって無いんだよ。
タコガール(ボーイ)の柄が可愛くてさぁ。

FxCam_1576990290501.jpg

長くなってしまったレシートの裏は、
どうぶつの森の柄!かわいい!
これ他のもあるんだって!

FxCam_1576733205072.jpg

同じフロアにカプコンストアもあってさ。
なんて罪深いフロア。

大神のアマテラスぎっしりの様子を見たら、買うしかないやん。

FxCam_1576746403351.jpg

ぐるっと巻くタイプのペンケースと、
「成歩堂法律事務所」のボールペンもあったので買ってしまった。
『逆転裁判』のヤツね。
何の変哲もない、本当に事務所で配っていそうなボールペン……。
成歩堂法律事務所のA4封筒もあって、心惹かれたけど、そこはグッと我慢した。


あとは、東京でしか買えない限定手ぬぐいをちょこちょこ買い集めて……の、
強欲散財東京遠征でした。


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

[映画]フランス実写版『シティーハンター』面白い!

FxCam_1575002201542.jpg

実写版て、見ているこっちがいたたまれない気持ちになったりして、
こっぱずかしいかなぁ、と心配しだけど、
これは大丈夫!!!

面白い。
原作、アニメを知ってる人なら、
笑えるこまごまとしたところや、
最後までしっかり「愛」を持って作られていることが分かる映画。

テンポも良いし、
アクションもかっこいいし、
全然肩に力入れて見なくていいから、
ちょっとDVDが出たら欲しくなったよ。


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

[展覧会]素朴絵展にすべり込み

FxCam_1573812497928.jpg

特別展「日本の素朴絵 ーゆるい、かわいい、たのしい美術ー」

興味はあったんだけどなかなか重い腰が上がらず、
グッズに「手ぬぐい」があると知ったとたん、
はいはいはい!行きます!
となった物欲の塊のかつおさんです。

FxCam_1573795849080.jpg

FxCam_1573796582863.jpg

「素朴絵展」のオリジナルグッズそのものが少ないとはいえ、
到着早々、手ぬぐいを買っておいてよかったです。
たっぷり鑑賞し終わって出てきたら売り切れてました。
そんなことになってたら、今頃熱出してました。

最近ブームぼマスキングテープとか、
これなら使えるよねーと買って結局使わない(←ワタシ)クリアファイルとかはすでに売り切れていました。

FxCam_1573796453600.jpg

かわいいよねぇ、南天棒の『雲水托鉢図』。

本当に昔の人(ざっくり)が書いたり作ったりしたのかな?ってくらい、
現代にも通じる可愛いデフォルメ加減。
狛犬とか、仏像とか、フィギュアとして欲しい(?)くらいの可愛さでしたよ。
展示品の横に書いてある説明を読んでいてもとても興味深くて面白かった。

展示物を見て回るのを飽きささないように???
周りながらクイズも用意されていたので、
必死になって説明文も読み込んでいたわけです。

行きたいな、と少しでも思った時に、
えいやっ!と動いておかないとダメね。



posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

[本]「十二国記」18年ぶりの長編新刊!

はー、もう「精神と時の部屋」が欲しいよ。
靴下も編みたいし、ゲームもしたいし、本も読みたい。

……結局、ゲームしかやってないな……。
(原因、それやな……)

「十二国記」、18年ぶりの長編の新刊ですよ!
それも、続編、戴!
戴麒と驍宗様のその後が知れるようになるとは…………(感涙)
生きててよかった。

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)
白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)

白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫)
白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫)

白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫)
白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫)

白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫)
白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫)

すんごい遅いペースで読んでいるので、まだ全然1巻の途中です。
なるべくネタバレ等踏まないように、かみしめて大事に読み進めています。

この1巻2巻が2019年10月12日(土)に発売されたんですが、
日本(蓬莱)は、ちょっと季節外れともいえる、ものすごい台風が来ていました。
「十二国記」風に言うと、「蝕」!
さすが、戴麒、黒麒麟ともなると、
彼方と此方を行き来するのにこんなにも激しい蝕が起きてしまうのかと。


あと、今年やらずに、いつやるの?という感じなので、
二胡の「十二国記」の楽譜と音源を先生に見せて、
ちょちょいと解読してもらった。
楽譜は昔から温めていたんだけど、ほら、「十二幻夢曲」とか、シンプルすぎて逆に難しすぎるやん?

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

[ドラマ]『如懿伝』にハマり続ける。 - 宦官の所作と「まんまんちゃん あーん」に萌える

如懿伝[にょいでん]~紫禁城に散る宿命の王妃~ DVD-SET3
如懿伝[にょいでん]~紫禁城に散る宿命の王妃~ DVD-SET3

同時並行で『クリミナル・マインド』やら韓国ドラマやら、
もうごちゃまぜに見ていますけどね。
『ハンドメイズ・テイル』も録画したまま温めています。
溜まっている、というべきか。

侍女の物語 (ハヤカワepi文庫)
侍女の物語 (ハヤカワepi文庫)
本も読み進められてない。


いやー、『如懿伝』。いいよぉ。
もう良すぎて、逆に見進めていくのが辛くなるくらい。
惢心(ずいしん)ちゃんも可愛いしさあ、
もう惢心(ずいしん)ちゃんだけは辛い目に遭わないでほしい。

先に軽く歴史を調べちゃったからアレなんだけどさ、
もう、後半酷くなっていくのかと思うと、
今幸せの絶頂にいる陛下と如懿を見るのも辛くて。
「このあとも 二人は末永く幸せに暮らしましたとさ。」って終わっておいたらアカンのかい?

歴史を知ってる知っていない、
ネタバレ見た見てないに関わらず、
このドラマ、オープニングやらエンディングの映像で、
臆面もなくネタバレさせていくスタイルなので(さすが中国???)、
もうそのあたりは容赦ないんだけど。

衣装や建物、調度品に小道具に装飾品に、
眼福なポイントは満載なんだけど、
「宦官のお辞儀姿」もすごく萌えてしまう!ツボ!
片膝曲げて、片腕をまっすぐ地面に向かわせるあの所作。

宦官の所作萌えは春児(チュンル、『蒼穹の昴』)から。
美しい。

お辞儀、といえば、
いわゆる側室達が、目上の皇后や陛下のところに来る時の挨拶の言葉、
どうしても

「まんまんちゃん あーん」

って言っているように聞こえて、
毎回テレビの前で真似しています。
中国語で何て言っているんだろう、とミーハーに中国語を学び始めたたくなるやん。

皇上(フアンシャン)、皇太后(フアン タァィ ホォゥ)、皇后(フアン ホォゥ) アーン

って感じかな。
アーンは何?


久々に、辺境に嫁いだ陛下の娘さんが帰ってきたよ、と思ったら、
アミダラ女王(『スター・ウォーズ エピソード1』)やん!!!
髪型!!!
DSC_0391.JPG
コスプレしたい……。
あと、妃が夜伽をするときにね、
お風呂で身を清めた後、
宦官に簀巻きにされて、担がれて寝所に運ばれるのよ。
最初に見たときはビックリしたけど、
あれは刃物など陛下を傷つけるものを持って入らないよう安全上(防犯上)の配慮だとか。
納得。


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする