2019年11月03日

[手仕事]七宝焼の蝶のピアス - ドラマ『如懿伝』にハマる。

FxCam_1572099998551.jpg

なんだか七宝焼って一気に中華感出るなぁ。
(場面変われば和風かもしれない。)

気にはなっていたけど、
なかなか使う場面もないし(?)、
敬遠していたパーツ。

ちょこちょこピアスを作るようになってから、
それはそれは泥沼なくらい、
資材(ちょっとした金具とか)が増えていくというこれまた恐ろしい世界なのですが、
「今度、二胡で人前で弾けることになったよ(イベントあるよ)」となったら、
「さあ、練習しよう」ではなくて、
「さて、どんなピアス作ろうかな?」と思考パターンがおかしくなってきた。

で、今回作ってみたのが、上の画像の七宝焼の蝶のパーツを使った揺れるピアス。

このモチーフを思い付いたきっかけはドラマ『如懿伝』!!!
如懿伝[にょいでん]〜紫禁城に散る宿命の王妃〜 DVD-SET1
如懿伝[にょいでん]〜紫禁城に散る宿命の王妃〜 DVD-SET1

まだまだ全編見ていなくて途中です、というくらい長い!
でも長く楽しめるから良い!

如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜 ドラマ公式サイト
https://kandera.jp/sp/nyoi/


ドラマのセットも調度品も、衣装もアクセサリー類も、
すべて重厚で素敵。
映像が綺麗。
後宮の女性達が美しい。
辮髪萌えするくらい、皇帝も宦官もイケメンで辮髪がよく似合ってる。

監督は日中合作ドラマ「蒼穹の昴」を演出したワン・ジュン。衣装は映画『空海―KU−KAI―美しき王妃の謎』を手掛けたチェン・トンシュン、
美術はウォン・カーウァイ作品で知られ、香港映画を代表するアートディレクター、ウィリアム・チョンが担当し、鮮やかな宮廷の世界を忠実に美しく再現している。


『蒼穹の昴』の監督と同じ監督、と知って、俄然ポイントが高まりました。

蒼穹の昴 DVD BOX(8枚組)
蒼穹の昴 DVD BOX(8枚組)

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

『蒼穹の昴』もめちゃくちゃ好きで、ついにDVD-BOX入手してしまったもの。

その『蒼穹の昴』つながりなのか、
第40話を過ぎたあたりに安吉大師として『蒼穹の昴』で春児役の余少群が出てきたので、
「きゃーーーーー!ちゅんるーーーーー!」とテレビの前で絶叫してしまった。
「春児が来るなら、ワタシも後宮で待ってるよ……」とこれまたわけが分からない思考パターンに。

なにしろ、ボーッと見始めると、
乾隆帝(弘歴)の父、雍正帝役として、
『さらば、わが愛/覇王別姫』『始皇帝暗殺』『レッドクリフ』の曹操でおなじみの
張豊毅(チャン・フォンイー)が出てくるので、
いきなりの豪華メンバー感。


……ドラマの話ばっかりになってしまったけど、
そんな豪華なドラマの衣装や装飾品に「ほぉー」と見とれていて、
(眼福、というのかな)
七宝焼の蝶の揺れるピアスを付けてるシーンがあって、
「お!あれなら!」といいなと思って、作ってみた次第です。

長いわ!


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

[蒐集]オクタリアン(タコトルーパー)のぬいぐるみ

「Nintendo Live 2019」で見たタコちゃんのぬいぐるみ(グソクさんがいつも持ってるぬいぐるみ)もとってもかわいかったんだけど、
そのちょっと前に、オーダーしていたものがやっと届きました。

FxCam_1571476133439.jpg
ドン!

オクタリアン(タコトルーパー)。
かわいい。
めっちゃかわいい。
表情も良い。
よくできてる。

FxCam_1571476165314.jpg
裏側。
ファンメイドとは思えないくらいよくできてる。

またしても外国に作ってる人がいて、
制作オーダーして取り寄せちゃったんですけどね。
(オクタリアンのグッズはなかなか無いので貴重なのですよ。)

FxCam_1569521166431.jpg
せっかくだからウチのタコちゃん達と記念撮影だ!
(なんか騒がしい。)

FxCam_1569521233988.jpg
後ろ姿。
吸盤だらけ。

FxCam_1571724625691.jpg
ヒメとイイダのサンリオバージョンとも記念撮影だ!





posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 蒐集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

[雑記]テンタクルズのライブがどうしてもナマで見てみたい - NIntendo Live 2019に行ってきた

FxCam_1570931748154.jpg

こういうゲームのイベント、
ゲームに限らずこういうイベントに参加するのは初めてなんですけど、
「Nintendo Live 2019」が京都であるという。
そこでなんとスプラトゥーン甲子園の近畿大会だけでなく、
「ハイカライブ Kyoto Mix」まであるという。

これはイカないで済むものか、と。
今までのライブは関東で、
いいなぁ、死ぬまでに一度はナマで見てみたいなぁと思っていたものです。

でも、そういうイベントってどんな感じなのか、
徹夜組とか出ちゃったりするのか、
どのくらい過酷な行列で並ぶのか、
おひとさまでも参加できるのか、
全く分からない。

幸い、加入しているスプラトゥーンのチームのメンバーが甲子園に応募したっていうから、
とりあえず行けば知人に会えるのだろうと勇気が湧いて、
応援がてら行くことに。

でもその応援しに行くメンバーは抽選で外れてしまったとのこと。
あと、猛烈な台風が来ていることもあって、他にも来ることを予定していた人も断念された。
ああ、やっぱりおひとりさま。
(ほら、カタギの人を行列等につきあわせたら、こっちだって気をつかうでしょ。)

IMG_jz32sh.jpg
とにかくライブを見たい!
ライブについては、抽選制だから、
始発から並ばなくても抽選券さえもらえればチャンスはある!
と、近いことをいいことに、重役出勤(それでも早い)気味に到着したら、
すでに行列!

抽選券、のみならず、
もちろんグッズの列もあり、
スプラ甲子園を応援するための会場に入る列が、
もう駅から出たところから出来ている!
おそるべし!

FxCam_1570934938671.jpg
この日は台風の影響もあってカンカン照りではなく曇りがちだったのは助かった。
(と思ってたら、油断大敵!首とTシャツの間のラインとか、日焼けして、ヒリヒリ状態になってしまった。)

みんな思い思いにスプラトゥーンのコスプレやら、
小物やら、Tシャツやらを身に付けて並んでいる状況だけでもワクワク。
老若男女、ファミリー単位もあり、今日「はじめまして」のネットつながりの人たちもあり、
これら全員の人が毎日ゲームやってて、
どうかするとオンライン対戦で出会ってるイカやタコ達かもしれない、と思うだけでワクワクですよ。

やっとのことで、抽選券配布場所が近くなってきた。

FxCam_1570935758075.jpg
抽選券ゲット。
腕に巻くタイプ。
(あざとくチギリノヒモも写り込ませる。)

FxCam_1570935034858.jpg
ドーン!

さて、次はどうしよう。
無理かもしれないけど、時間はたっぷりあるので、
グッズの列にでも改めてならんでみますかね。

あー、ライブ、当たるといいなぁ。
FxCam_1570946403921.jpg
張り切って、ホタルイカの手ぬぐいに、タコのカバン。

FxCam_1570730239197.jpg
ピアスはテンタクルズだぜぃ。
やる気満々よ!

FxCam_1571472273532.jpg
グッズは並んでいる間にも、
売り切れ情報がどんどん発信されて、
ちょうど目の前で売り切れたものもアリ。
キーーーーッ!

テンタライト(ライブ応援のペンライト)が一番に売り切れてた。
光る棒欲しかったなぁ。
他にどこにも使うことないけど。

FxCam_1570949935737.jpg
腹ごしらえのために一度ちょっと会場を離れて、
それでも抽選発表にもライブの時間にもまだまだ時間があるので、
会場に入ってみる。
甲子園の準決勝の観戦をしよう。
(ここで、甲子園の抽選外れてしまったという知人に会ってご挨拶できた。収穫あり。)

やっぱり、大会に出ようかというクラスの人たちは、
プレーが凄すぎて、
ワタシなんかからしたら「えーそんなとこ登れるのー?」くらいから驚きの連続。
早すぎて目が追いつかねぇ。

すごいプレーには「おおー!」と歓声があがるし、
バトル終了時には、勝者にも敗者にも、
自然と敬意を込めた拍手に湧きかえる。

FxCam_1571038043624.jpg
観戦会場の周りには、
「文化祭」と称して、いろいろな小イベントが用意されていて、
自分で作った物とかも展示してもらえる「イカじまん展示」もあった。
タコちゃんかわいい。

実はワタシもちょっと応募してみようかと、
申込みはして願書を取り寄せたんだけど、
しっかり応募するための写真とかを用意する時間がなくて断念してしまった。
応募しとけばよかったな。

DSC_0388.JPG
で、肝心のライブ。

決勝戦などを観戦している間に、
ブリブリ〜とTwitterを通じて抽選結果が発表されて、
見事にハズレた……。
無念。

救済措置のライブビューイングに参戦。
ライブビューイングでもすごい盛り上がり。
ヒメやイイダ、アオリやホタルが出てきて、
絶叫というより、咆哮といったほうが良いくらいで「うぉぉぉーーーー」と興奮する人、
かと思えば妙齢の大人っぽいお姉さんが涙していたり……

映像の人の、
ライブが行われてる隣の建物で、
映像を見ているわけですよ。

「中の人などいない!」といいたいところですが、
ワタシももういい大人なんでね、
その状況に、
「偶像崇拝の最たるものを見た」という感じです。

えーーー、で、ですね、
すごい良かったけど、「ナマ」で見られなかったのはちょっと悔しい、
せっかくDAY2の日も有給休暇を取ってあるんだし(ごめんなさい!)、
2日目の抽選に挑戦だ!というわけで。

FxCam_1571020497645.jpg
はい。
来ちゃいました。
DAY2は緑色。

FxCam_1571012582082.jpg
今日はNintendoへの忠誠心が足りないのでは?と思い、
マリオなカバンで参加。

どうか当たりますように!

DSC_0390.JPG
見事にハズレ。

あーーーー、
せっかくだし、2日目もライブビューイングで。
片思い愛が深すぎるでしょう。

人生そんなにうまくはイカないもので……。


SPLATOON2 LIVE IN MAKUHARI -テンタライブ- (通常盤) (特典なし) - テンタクルズ
SPLATOON2 LIVE IN MAKUHARI -テンタライブ- (通常盤) (特典なし) - テンタクルズ

SPLATOON2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Octotune- - スプラトゥーン2
SPLATOON2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Octotune- - スプラトゥーン2


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

[手仕事]タリア川の石のピアス(ナウシカ)パート2 - ルビーとクシャナ殿下

Special thanks to まりにら姉!
まりにら姉のおかげで、「ナウシカ歌舞伎」に行けることになりました!
もう枕を高〜くして寝られます。

「ナウシカ歌舞伎」が発表された頃に、
もう待ちきれなくなって、
タリア川の石のピアスっぽいものを作り始めて。↓

2019年01月27日
[手仕事]タリア川の石のピアス(ナウシカ)を作った。
http://katsuo3.seesaa.net/article/463733330.html


FxCam_1570176736659.jpg
で、また数か月して、もう一個。
「タリア川の石」っていうのは、
ワタシの中ではイメージとして、
ガーネットとかルビーとかかなぁ……ガーネットはだいぶ色が暗いかなぁ……
ルビーだったらいいなぁ…誕生石だし…ということで、
ルビーパーツを入手してピアス作成。(画像上)
だいぶピンク寄り。
(実物はすごく複雑で綺麗な色なのよ)

なんか赤いのはガラスビーズだけど赤のほうが断然分かりやすいな。
と、いうより、表紙のナウシカは緑色の石つけてない???
そう、時々、緑色。

緑色と言えば、忘れてやいないかい?
FxCam_1570176769938.jpg
クシャナ殿下を!!!
なんなら、原作のほうのクシャナ殿下がめちゃめちゃ好きなのではなかったか、ワタシ!!!

ということで、売り場で残り一つになっていた緑色のパーツを、
なんとなく好きな感じの色だし、ということで買っておいたのがここにきて活躍!
クシャナ殿下バージョンで。

いやん、素敵やん。
どうしよ、どれ着けて行こう?
ドキドキ。ソワソワ。
(↑どれにしても、誰からも見られてないよ。)

FxCam_1570177361523.jpg

FxCam_1570177461761.jpg
ナウシカ原作版のほうのクシャナ殿下は、
アニメ版での「悪役」とはちょっと違って、
清濁併せ呑んできた上での姫殿下なので、
そりゃあもうかっこいいのよ。
「悪い」かどうかはさておき、筋が通っている。
ナウシカなんか甘ちゃんよ。

FxCam_1570177351325.jpg

FxCam_1570177380660.jpg
この豹柄のふかふかソファーに憧れるわぁ。

FxCam_1570780611629.jpg
アニメ版は何度も再放送もされているので、
もう「ひとりナウシカ」ができちゃうくらいセリフが言えるんだけど、
改めて原作をパラパラめくってたら、
有名なセリフが、ババ様じゃなかった、という発見。

もう一度読まなければ。

風の谷のナウシカ 全7巻箱入りセット「トルメキア戦役バージョン」
風の谷のナウシカ 全7巻箱入りセット「トルメキア戦役バージョン」

豪華装丁本「風の谷のナウシカ」(2冊セット)
豪華装丁本「風の谷のナウシカ」(2冊セット)


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

[映画]『パプリカ』- 爆音映画祭!

FxCam_1570014873461.jpg

映画『パプリカ』にハマった時に、
この音楽を爆音で聴けたら、

「この映画を映画館で、爆音映画祭にでもかけてくれたら、
もう完全にトリップしちゃうのになぁ。」

なんて言ってたら、
本当にそうなってしまった。
すごいタイミングで。
2019年09月22日[映画]『パプリカ』- ハマってしまった!
http://katsuo3.seesaa.net/article/468697356.html


FxCam_1570014879195.jpg

なんたる僥倖。
DVDもBlu-rayも手元にあるけどどうする?
いやいや、こんなタイミングそうそうないよ、
これは行かなくては!

FxCam_1570008478414.jpg

ということで、行ってきちゃいました。

けっこうな席の埋まり具合だったと思う。
ワタシは、遮るもののない、ど真ん中の席で、
ガッツリ見せていただきました。

「爆音」といっても、
ただただ音が大きいというわけでなく、
なんかドンッって効果音が「ドンッ」とお腹に響くような、という感じ。

オープニングの「媒介野」が流れて、
パプリカちゃんが舞うように流れていくシーンで、
感動のあまりおしっこちびりそうになりました。

「パレード」のシーンも良かったなぁ。
素晴らしい映画。

他の今敏監督映画も、映画館で観てみたいなぁ。


posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

[音楽]そして平沢進の沼に陥る

パプリカ オリジナルサウンドトラック - 平沢進
パプリカ オリジナルサウンドトラック - 平沢進

まぁ、きっかけは映画『パプリカ』なんですけど。
いわゆる「にわか」です。

ネットでレビュー等見ていると、全く受け付けないか、
それ以外はほぼどっぷり「沼にハマってしまう」と予言されている、
その後者のほうにすっかりなってしまったわけで。

You Tubeでどんなんかな〜?(仁鶴師匠)と見てみたら、
オシャレな明和電機というか、
なんかヘンテコなオリジナル楽器を使って電子音を操っていて、
全くもって謎めいていた。

ふと、ギターを弾いておられる姿の映像があって、
「あ、マシュー!(MUSE)」
と、頭の中で電流がビビビと流れて繋がってしまったのです。
(※あくまで個人の感想です。)

MUSEもいろんなことステージでやってるし、
マシューもパッドが付いた、変わったギターを使ってるしね。

ビバ!生バンド音!で、若い頃は尖り気味にやってきたのに、
こんな電子音楽なんて見向きもしてなかったのに(むしろ見下していた)、
すっかり虜(とりこ)になってしまっているとは。

「歌詞も難解」とか言われるけど、
歌詞なんていいんです。
歌詞なんて音楽の一部。
音楽の旋律を崩さないように収まっていればよいのです。

英語の歌だって全部分かっているわけではないし、
今なら、「イカ語」(splatoon)のサントラだって聴いてしまっている!

思い返せば、ENIGMAとか気に入ってきいてたし、
アジアンな旋律も大好き。
それ系のインストゥルメンタルも聴いてたし、
Imee Ooiまで行っちゃってた。
なぜに平沢進に出会わなかったのか謎なくらいである。

で、鉱脈を当てちゃったら、ドワーッと掘り進んでしまうのがワタシ。

映画『パプリカ』の「パレード」や、テーマ曲「白虎野の娘」の元バージョン?の「白虎野」が聞いてみたくて、このアルバム↓
白虎野 - 平沢進
白虎野 - 平沢進
「白虎野の娘」は女性コーラスで、「白虎野」は男性コーラス。
歌詞もほんの少し違う。

映画やゲーム用の音楽が集められてるCD。
『パプリカ』からは「白虎野の娘」。↓
映像のための音楽~平沢進サウンドトラックの世界 - 平沢進
映像のための音楽~平沢進サウンドトラックの世界 - 平沢進
映画『千年女優』EDテーマソングの「ロタティオン(LOTUS-2)」も良いし、
アニメ『妄想代理人』OPテーマソングの「夢の島思念公園」も良い。
製作中止となったゲームのテーマ曲「NATION-F」(未発表曲)というのも興味深くて聞いてみたい。
全体的に元気で聞きやすい1枚。

『パプリカ』の「パレード」のあの強烈なイントロは、
Nurse Cafe」という曲の逆再生だということで聞いてみたくなってこのアルバム↓

平沢進のCDを調べてたら、やたらと目の端っこに入ってくる、
いかにもアジアンで怪しそうだったので、
気になってほぼ、ジャケ買い。↓

わりと大人しめな、さわやかなほうのENIGMAといっか感じ。
ENIGMAもさわやかなんだけど、私が好きなのは4枚目の「カルミナ・ブラーナ」がかかってる怪しいヤツだから。


その次に気になったこちら↓
救済の技法 - 平沢進
救済の技法 - 平沢進
1曲目の「TOWN-0 PHASE-5」とか、「MOTHER」とかとても良い。

「ロタティオン(LOTUS-2)」も入ってるし、
「賢者のプロペラ」という曲を聞くと頭痛が治るとか???
ホンマなん?期待しちゃうよ?とこれ↓
賢者のプロペラ - 平沢進
賢者のプロペラ - 平沢進

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

[映画]『パプリカ』- ハマってしまった!

パプリカ [Blu-ray]
パプリカ [Blu-ray]

何をいまさら、な時代に遅ればせながら観てしまい、
案の定ハマってしまった。

わー、何から話そう。

映像・色・音楽の洪水、その融合っぷりに、
どうかしたら怖い映画なんだけど、
トリップ感、これが“多幸感”ってヤツなのか???なものに包まれてしまって、
ラストからそのまま最初に戻って、2周目を観てしまったくらい!

3周目はさすがに深夜も深かったので、我慢して、
翌日の晩、またその次の晩、と繰り返して観て、
少なくとも5夜連続はこの『パプリカ』を観てしまったというわけ。
そんな見方した映画、他にあっただろうか。

レンタル盤だったので、これはぜひ手元に!と思い、
即座にDVDを注文。
DVDも堪能したんだけど、
これって、Blu-ray盤でも観てみたい?とトチくるって、
Blu-ray盤まで続けざまに注文。
きっと「内なる小学3年生が決めた」んです。

もう異常事態です。
好きなアーティストですら、
DVD盤にするか、Blu-ray盤にするか、
迷いに迷って、どちらか一方にしてるのに。

……はぁ。一息。


内容は、「夢」と「現実世界」とが、ってストーリー。
好きなテーマである。

マトリックス 日本語吹替音声追加収録版  4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ(3枚組) [Blu-ray]
マトリックス 日本語吹替音声追加収録版 4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ(3枚組) [Blu-ray]

インセプション [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
インセプション [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]

「夢」「映画」つながりでもう一個足しておくと、
オズの魔法使 特別版 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
オズの魔法使 特別版 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
『オズの魔法使』。

まだまだモノクロフィルムが主流だった当時なのに、
「夢」の世界(オズの世界)に行っている間は総天然色!(カラー)
今ではカラーなんて当たり前で、
どんな色付けも簡単にできてしまうんだろうけど、
当時はものすごい手間暇かけてカラー部分の映像を作っていたみたいです。

『パプリカ』の中でも、
「夢」の世界はちょっと色味が現実離れした濃い目になってる。


アニメ映画で、なんというかこういうのを見るのが初めて、というか、
アニメーションってこんなにも自由に描けるのか!という新しい世界を見た感じ。

今敏監督の特徴でもあるらしいんだけど、
シームレスな場面展開が、
「夢」の世界を描くのにちょうど良く合っている。

良い意味での場面カットの使い回しも、
演出として上手いなぁと。

あれ?この映画、ワタシ、どこかで見たのかな?と、デジャヴ感のあるシーンもあった。
遊園地のシーンとか、
夢の割れ目のところから、古くて暗い町並みに入るところとか。
あれ?ワタシも、「夢が犯されて」いるのかな?とすら。

あの「パレード」のシーンは、ダリの絵を連想してしまいました。
Salvador Dali – 聖アントニウスの誘惑 24x36 SDali-TheTemptation-24x36-RC
Salvador Dali – 聖アントニウスの誘惑 24x36 SDali-TheTemptation-24x36-RC

ワタシ、多感な世代の頃に、このダリの絵を見てズキューン!と心を撃ち抜かれてしまったんです。
ポスター サルバドール ダリ 目覚めの直前、柘榴のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢 額装品 アルミ製ベーシックフレーム(ライトブロンズ)
ポスター サルバドール ダリ 目覚めの直前、柘榴のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢 額装品 アルミ製ベーシックフレーム(ライトブロンズ)

絵、といっても、その時のはジグソーパズルの出来上がり品が、
スーパーのホビーコーナーの延長で螺旋階段に飾られてただけだったんですけど、
ホント、身体の中に電気が走りました。

探しても探してもジグソーパズルコーナーにこの商品がないので、
勇気を出して店員さんにこの商品は無いのか尋ねたんだけど、
あっさり、無い、と。
後から考えると、じゃあなんて飾ってるんだ?とか、
メーカー取り寄せとかないの?とか、謎なんですが。
他のいろんなお店で、ジグソーパズル売り場を探してもこの絵だけはなぜだか見つかりませんでした。

仕方ないので毎日、学校の帰り道に寄り道したりして眺めてました。(悪い子)
ある日、この感動を友達にも!と思い、友達を連れて「これ見て!」と見せてみたら、

「んー、なんか気持ち悪い」

と言われてしまい、
あ、そうか、普通の感覚では「気持ち悪い」のか、と、
自分のアブノーマルさの自覚をさらに確実にしていくものになったものです。

この絵のタイトルは、
「目覚めの一瞬前に柘榴の周りを蜜蜂が飛びまわったことによって引き起こされた夢
(Dream Caused by the Flight of a Bee Around a Pomegranate a Second Before Awakening), 1944」
で、「フロイトの夢解釈からヒントを得て描いた」とのことなので、
『パプリカ』を含む「夢」テーマからまんざら外れてない、ということで、長々と失礼しました。


あ、「日本人形」がどうしても怖い!って方は、映画鑑賞はご注意ね。
ワタシも怖くて、氷室に部屋で敦子の背後にチラっと映った時には、
深夜に一人で「ひぇっ!」と声にならない声を上げましたさ。
どデカいのが出てきたときもね!
でも、それすら克服というか、むしろ出てきてくれ、くらいになるほど、
ハマってしまったわけです。

氷室の日本人形が、五七調のセリフを言っていて、
その内容も「夢」に関することなので、
なんとなく、シェイクスピア劇を彷彿とさせてしまって。
ついつい書き留めちゃいました。

真昼の空のお日様が
夜ごとの闇を照らします
夜が夢見る昼なのに
光が夢見る闇なのに
何も知らないお日様は
闇を葬り 影を焼き
いずれは自ら焼き尽くす


夜に花咲く木の下闇は
月夜の民が憩う場所
真昼の人は通せェんぼ!

遠き島へと流れゆく
老いたる左脳は蜜の味

夢にうつつに現れる
私は夢の守り人

無知蒙昧の凡人が
聖なる夢に触れたなら
どんな裁きが下るやら


アクセス制御を付けたとて
もはや一人の夢じゃなし

夢と夢との交わりが
あまたの夢の渦をなす

夢の主が誰かさえ
問うも愚かな大魔境

真昼の民のおごりこそ
月夜の民の思うつぼ

うかつに足を踏み込めば
飛んで火に入る夏の虫


あー、もうシェイクスピア劇の誰かが言ってたのかなーってくらい見事に五七調のセリフ。
『夏の夜の夢』のパックの最後の口上でも引用しておこう。

「我ら役者は影法師(かげぼうし)、
 皆様方のお目がもし
 お気に召さずばただ夢を、見たと思ってお許しを。

 拙(つたな)い芝居ではありますが
 夢に過ぎないものですが
 皆様方が大目に見、お咎(とが)めなくば身の励み。

 私パックは正直者
 幸いにして皆様のお叱りなくば私も
 励みますゆえ、皆様も見ていてやってくださいまし。

 それでは、おやすみなさいまし。

 皆様、お手を願います、

 パックがお礼を申します。」

シェイクスピア「夏の夜の夢」 パックの口上/小田島雄志訳


ほら、シェイクスピアも「夢」つながりでね!


もう、もちろん、もちのろんで、
音楽にも犯されましたさ。
平沢進!

遅い!(←自分に喝)

否!物事に遅い早いなんてないのだ!
この映画も音楽も、全然「古びて」ないもの!

この映画を映画館で、爆音映画祭にでもかけてくれたら、
もう完全にトリップしちゃうのになぁ。

「パレード」と「白虎野の娘」と「媒介野」が素晴らしい。
特にオープニングテーマの「媒介野」が!
「白虎娘の娘」のインストゥルメンタル版みたいなもんだけど、
これがもう!
車の中で流して、高速とかで走りたいなぁ!↓
パプリカ オリジナルサウンドトラック - 平沢進
パプリカ オリジナルサウンドトラック - 平沢進

「白虎野」(「娘」ではないバージョン。最初のコーラスが男声。)と、「パレード」が聞けます。↓
白虎野 - 平沢進
白虎野 - 平沢進

「白虎野の娘」入っています。他は他の映画等で使われた音楽を中心に↓
映像のための音楽~平沢進サウンドトラックの世界 - 平沢進
映像のための音楽~平沢進サウンドトラックの世界 - 平沢進

今、原作本も読んでます。
なんと、筒井康隆氏。
千葉敦子とパプリカちゃんの設定が、映画とは違うらしいので、
そのあたりもじっくり楽しみたい。↓
パプリカ (新潮文庫)
パプリカ (新潮文庫)


そんでもって、こんなに素晴らしいアニメ映画を創られた今敏監督はお亡くなりになられているので、
ものすごく残念。
他の遺作も芋づる式に見ていこう。

posted by かつお at 00:00| Comment(0) | 映画・舞台・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする